Fraunhofer社、長さ50mの波力発電船を構想

Wave Power System

電気を波から生成するのは、長い間の研究対象でした。波力での発電は、コスト効率の点で有望視されており、 このようなエネルギー源に依存するシステム(Fraunhofer社のような)は、運営とメンテナンスが低コストに抑えられると考えられています。再生可能な資源(海水)が、必要な出力(電気エネルギー)を生成するために使わるため、製造コストは大幅に低減されます。

イノベーション製作のためのFraunhoferセンターで研究者は、 エネルギーシステムが持つ限界を突破することができるというコンセプトを考案しました。電気エネルギーが、従来のものとは違う方法で波力から生成することができます。ポップアップ式の浮きを繋いだ (船の動きによって、引きあげられることもあります) 全長50mにもなる長い船が発電を行います。上下に動きながら、つながった浮きが結果的につながったアームを動かし、それによって生成したエネルギーを船上の電池システムが捉えます。海岸に船が着いたら、海から発生したエネルギーが地域の送電網で使えるようになります。

Wave Power System

このアイデアは、明らかに有望な側面をたくさん持っています。このエネルギーは時間当たり20メガワットのエネルギー貯蔵能力があり、電気は一時間キロワット当たり15セント(24ドル)のコストで発電できます。一時間キロワット当たり65セント(50円)のコストがかかる現在のシステムに比べると大幅に低くなります。船を動かせる融通性があるため、嵐のリスクにも対応できます。ケーブルがないので、このデザインは必要に応じて、「梱包」「解梱」ができるので移動に便利です。ただし、その他にも見るべきところがあります。電気エネルギーを生成する準備ができる前までは船の初期の電力ニーズには、全エネルギーの一部を使います。更に船の電池システムを使うと、高額になります波のエネルギーを転換して水素を捉える(そして水素を使って、電気エネルギーを生成する) アイデアが人気になってきています。

発電船というFraunhoferのアイデアは、いまだ発達段階で、協調的な合意形成には至っていません。今、この提案が社会や環境の改善のために現実化する様子を心してお待ちください。細かい規則を除いても、イノベーションがサステナブルなソリューションを提供する以前のコンセプトの限界を超えるには、まだ時間がかかります。

出典:Gizmag

Today's Top Articles:

Scroll to Top