Home 地球に優しい エコなタッチの美しいバーのデザイン

エコなタッチの美しいバーのデザイン

by admin

バーは、日々の仕事から解放されリラックスできる場所です。友人と一緒にバーでフットボールの試合を観戦する金曜日は格別です。バーの雰囲気はとても大事ですし、それぞれのバーに常連さんをひきつける特徴があります。今のバーのトレンドは、二酸化炭素の排出を抑え、エコな雰囲気をかもしだす出すバーです。

1. 籐細工のバースツール

A Wicker Bar Stool

籐細工の家具は、一番古いタイプの家具です。古代エジプトの時代に最初に使われ、その後ローマでも使われるようになり、現在では、世界中で人気の家具となっています。ヘイウッド―ウェイクフィールドは、1855年に創業し、アメリカでは籐家具で最も有名な会社です。籐細工の家具は、籐だけでなく、竹や芦等の硬い材料をあんで作ります。天然の材料で作られた編み細工の家具は、頑丈で長持ちする事で知られています。

2. 明りはパラフィンランプ

The flat Wick Lamp

灯油やその他の天然のミネラルを使うランプの事を言います。美しいデザインとそこから放たれる軟らかく温かい明るさは、バーには最適です。これらの照明は地球に優しく、温かく心地よいバーの雰囲気を作り出します。灯油ランプは9世紀にバグダッドで最初に使われ、それ以降、様々な地域で幅広く使われるようになりました。色々なタイプのランプがあり、アルコールランプのように綿の芯の下部が灯油に浸かっていて上部に火を付けるタイプ。芯が丸く設置されているランプ。そしてマントルランプ。レアアースとトリウムで覆われた絹の外套が酸素と科学反応を起こす事によって発行するタイプ。K1灯油、もしくはクリーンヒートと呼ばれるオイルと使います。シトロネラやレモンガスを使うこともできます。これらは、明るさをもたらすだけでなく、香りも楽しめます。芯があるタイプのランプよりも加圧タイプの方が明るく、明るさは20-100ルーメンです。

The round wick lamp

3. 漆喰の壁

漆喰の壁は、地球に優しくバーの壁を冷たく保ちます。この手法は、様々な国で何百年もの間使われてきました。漆喰の雰囲気を増加させるには、細かくした藁や砕いた貝殻を混ぜます。そうすれば、よりよい手触りの壁になりますし、ユニークな雰囲気のバーになります。有害な物質を放出しないので、漆喰の壁は、低アレルギーで不燃性で、そして、害虫(シロアリも寄せ付けません)をも避ける事ができます。漆喰を使った建物はLEED (環境性能評価システム)の基準を満たしています。

4. バイオガスと太陽熱の活

小さな生ごみ処理機で、バーに必要なエネルギーを賄う事ができます。バーで出た生ごみをタンクに入れ発酵させる事によりガスが発生します。そのガスを使い、電気を作る事ができます。この方法は、将来的にも有効で有るかもしれません。たとえば、マサチューセッツ州では、2014年からレストランから生ごみを出す事を禁止する予定になっています。もう一つのオプションは太陽熱で、太陽熱電池の値段が下がってきているので、大きなバーにとっては、大変有効な手法になると言えます。

5. 藁ぶき屋根

藁ぶき屋根は、藁、芦、その他の自然の物を利用し、何重にも重ねる事で、屋内に水が入らないように作られます。藁ぶき屋根は、歴史に記録が残っていないほど昔から使われている方法です。多くの利点と不利点があります。これは、何度も繰り返し作り替える必要があるますので、手入れが問題となります。でも、藁ぶき屋根はバーの中を涼しく保ち、温度調整が容易になります。また、工事費用を抑えますので、経済的です。

6. 地球に優しい床

竹材が床に使えます。竹の床はとても長持ちし、50-150年もの間使う事ができます。費用効率もいいですし、他の木製の床よりも安価で丈夫である事もしばしばです。様々なタイプの竹の床が有りますが、もっとも人気があるのは、編んであるタイプか竹のみのタイプのものです。竹のみの床は、名前の通り、竹の木材で作られています。編んであるタイプは、細く割かれた竹と樹脂で硬いブロックを作り、床のサイズに合わせて切断されます。

Today's Top Articles:

You may also like