Home Green Homes @ja 生地レンガ開発のため、Encosが資金調達活動を

生地レンガ開発のため、Encosが資金調達活動を

by Ecofriend1874

生地レンガの一流メーカーとして発展を遂げた有名企業Encosの一つが、彼らが英国全域でエコハウスを建設する為に使われるレンガの製造装置の開発ができるように資金調達の準備に取りかかりました。 この会社は長年に渡ってこの準備をしていたのです。 Encosはエコハウスに最適な煉瓦を作るために再生可能資源を使ってきました。 これら環境に優しいレンガで環境を害するカーボンを含んでいません。 会社の最高経営責任者(CEO)は英国不動産業のため効率改善できるように投資家達から資金調達をする計画があることを明らかにしました。 数日前からEncosはサマセットのレンガメーカーと一緒に生地煉瓦のテスト生産に入りました。 Encosは経験豊かでプロの労働者と技術者と協力してプロジェクトに取り掛かり、技術を最大限に利用していると述べています。 再利用の凝集体は生地煉瓦を作るために植物油のベースに混ぜ込まれます。 こうすると2酸化炭素を排出しない煉瓦ができるのです。 企業の最高経営責任者(CEO)は彼らがエコハウスの必要性を調査してこれらの製品が必須であると分かったと言っています。

  何を提案しますか?

EncosのCEOは、英国資産の発展のために生地煉瓦を製造したいと述べました。 CEOはまた、このビジネスの展望においてはまだ新しく、生地煉瓦を製造するのに時間が掛るだろうとも言っています。 さらにEncosの会計担当は、2600万人以上の市民と約450万の商社が要求することでこの煉瓦を発展させる事が出来、総額50億ドルが必要だと述べています。 同社は信頼できる資本を持つ投資家の前で提案を示したと言っています。 何人かの投資家の話では、Encosは英国資産のために生地煉瓦を作るという固い決意を持っていて、生地煉瓦製造のためにEncosは支持されるだろうと語った。 Encosの最高経営責任者(CEO)のニコラスはこう述べています。資金調達は大きくなり、生地煉瓦製造業と事業の新しい部門を開く為の新たな機会が与えられるでしょうと。 CEOはまた、その様な製品を作って有害な製品から汚れを取り除き環境を保護したいとも言っています。 Encosの生地煉瓦製造のニュースで外装業者はEncosに商談を持ちかけています。

総額にはほかに何が含まれていますか?

資金調達のためにEncosは、生地煉瓦製造のために十分な資本を共同出資できる外国の企業ともコンタクトを取っています。 Encosは出来る限り早くこの事業を始めて英国中のすべての家を環境に優しく保護したいと言っています。 EncosのCEOは既存の投資家とは別に新たな投資者を見つけるのは難しいだろうと述べました。 また投資家達に見せるプレゼンテーションを計画していて、投資家達が投資の意向があり金額を決定した後彼らに見せると言っています。

EncosのCEOは、プロジェクトは大きく市民に愛される新しい概念となって長い目で見ればきっと繁栄するでしょうと言います。 エコで優しい家と言う夢は、生地煉瓦が出来れば直ぐに達成できるでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like