Home Green Homes @ja エコ住宅に適したダイニングの作り方

エコ住宅に適したダイニングの作り方

by admin

エコ住宅を計画する時、多くの場合、ダイニングの優先順位は低くなってしまします。ダイニングは一般的にフォーマルで、昼食や夕食にお客様を暖かく迎え入れる雰囲気が必要です。これを目的として、環境にやさしいダイニングへ室内装飾を改築することができます。改築するのは、環境にやさしい床張り材料、環境にやさしい照明器具、木造の再利用ドアや出入口、制限のないモールディングや仕上げなどを使用します。これらの小さな改築が、エコ住宅に適したダイニングルームにすることができます。

Designing an eco friendly dining room

ステップ1.  エコなダイニングテーブルの材料

ダイニングテーブルは最も基本的な要素の1つです。テーブルはお客様と美味しいお食事を楽しむ場所です。エコで環境へのやさしさは、もうお金持ちだけの贅沢ではありません。今や従来の家具とともに各エコ商品が市場に出回っているので簡単に購入することができます。リサイクルの木材やFSC認証された竹や再生チーク材などの素材で作られた環境にやさしいテーブルをいろいろと選ぶことができます。これらの材料の製品を使用することは、エネルギーの節約を支援し、埋め立てするごみを減らし、室内空気質を保護するVOCが低くなります。これらの製品は環境に害を及ぼす化学物質や防腐剤を使用していません。例えば、竹のダイニングテーブルは持続性があり長持ちして、生物分解性で、非VOCで無毒です。このように環境にやさしい家具は、組み立てにボルトやねじ、釘などを使っておらず、現代のダイニングには多くの選択肢があります。

ステップ2. 環境にやさしいフローリングの選択

ダイニングの床は簡単に掃除ができて、できれば汚れにくい材料を使用すべきです。多くの家庭ではダイニングにカーペットを敷いていますが、ダイニングの床としては理想的な材料ではありません。ダイニングは食事を楽しむ場所です。カーペットは食べ物や飲み物のこぼしに弱いものです。そのため、環境にやさしくて防湿で汚れにくく、防水性のある床の材料を選ぶべきです。カーペットから竹床やコルク床、あるいはリノリウム床の材料に取り替えれば、ダイニングの床に液体をこぼすことの心配がなくなります。竹床の材料は優れた選択です。生物分解性で、再生可能で、防カビ効果もあります。コルク床の材料には吸収作用がありますので、何かこぼしたとしても数分で乾いてしまいます。さらに、リノリウム床はひっかき傷や汚れに強い材料です。これらの天然材料で作られた床にすることはエコにつながり、かつ環境を保存することです。

ステップ3. 環境にやさしいモールディングと仕上げ

モールディングを導入することで、ダイニングにスパイスを加えることができます。ドアや窓の装飾、手すりのない椅子、クラウンモールディングなどのいろいろな種類のモールディングが簡単に購入できますので、これらを使えば高級感が出て上品な仕上がりになります。再生可能で丈夫で長持ちするプランテーションの木材から作られた環境にやさしいモールディングをお勧めします。この木材はモールティング用に育成され、非毒性の水性色素を使用していますので、仕上げの見栄えが良くなります。これらの簡単で使いやすいエコ商品は、エコ住宅のエコな内装を引き立ててくれます。ダイニングは環境を意識した製品を使い始めるには適切な場所です。再生利用された木材や非木材製品はとこでも購入することができ、いかなる改築予算にも合わせることができます。

結論

シンプルで簡単な方法でエコ住宅に合ったダイニングに改築することができます。上記で述べたコストパフォーマンスのテクニックによって、ダイニングをエレガントでフォーマルに見せるだけでなく、地球環境の保護に貢献していることになります。戸口を広げることによって従来の内装が現代風になり、トレンディーな中にも優雅さが漂うアクセサリーを用いて部屋全体を演出することができます。洒落たダイニングには必ずしも高価で高級である必要がなく、それよりも高級感はあるが効率的な製品で、市場で販売されているリーズナブルな製品がお勧めです。キッチンとダイニングはそれぞれに合ったデザインが必要ですので、一緒のデザインにしないでください。これで、エコ製品を使用すればダイニングもエコとなって、エコ住宅全体の価値を高めることができます。

Today's Top Articles:

You may also like