Home Green Homes @ja 環境保護と健康的な生活を提唱する天然の有機木材

環境保護と健康的な生活を提唱する天然の有機木材

by admin

加工木材として知られている木材は、建設現場やより知られているのは製紙業の木材パルプに使うための準備として伐採されてから、あらゆる段階の木材を言います。 材木は伐採された後の最も初期の段階から完全に研磨加工され成形された最終段階まで、色々な段階で供給されます。 そしてパルプ用木材は家具を作る出発材料として、また切断や成形が必要な他のアイテムとして使われます。 木材には様々な種があり主に広葉樹が使われますが、製品として仕上げ形成された木材は建設業界に提供するため、標準規格サイズで供給されます。 この木材は主様々な種類の松、モミ、トウヒ等です。 この記事で私たちは木材の歴史やその便益や使用と、木材の過剰利用による有害な影響も論議していきます。

自然木材の恩恵

有史以前から、料理をする燃料の準備や家を建てるため、産業的に役に立つ製品を作るためなど様々な理由で木を使ってきましたが産業革命以降化石燃料が勢いを増してきました。 化石燃料はより高い発熱量があるのでより多くのエネルギーを供給しますが、多くの廃棄物を生み出し、周知のように木材と違って非再生可能のエネルギー資源です。 化石燃料をはじめ他の原材料の使用は、自然と有機栽培の木材を使用することで軽減する事が出来ます。 木材を栽培することは環境保護や健康的な生活を提唱するだけでなく、今日の近代社会の汚染された都加工木材として知られている材木は建設現場や、より知られている製紙業の木材パルプに使うための準備として伐採されてから、あらゆる段階の木を言います。 材木は伐採された後の最も初期の段階から完全に研磨加工され成形された最終段階まで、色々な段階で供給されます。 そしてパルプ用木材は家具を作る出発材料として、また切断や成形が必要な他のアイテムとして使われます。 木材には様々な種があり主に広葉樹が使われますが、製品として仕上げ形成された木材は建設業界に提供するため、標準規格サイズで供給されます。 この木材は主様々な種類の松、モミ、トウヒ等です。 この記事で私たちは木材の歴史やその便益や使用と、木材の過剰利用による有害な影響も論議していきます。

 

自然木材の恩恵

有史以前から、料理をする燃料の準備や家を建てるため、産業的に役に立つ製品を作るためなど様々な理由で木を使ってきましたが産業革命以降化石燃料が勢いを増してきました。 化石燃料はより高い発熱量があるのでより多くのエネルギーを供給しますが、多くの廃棄物を生み出し、周知のように木材と違って非再生可能のエネルギー資源です。 化石燃料をはじめ他の原材料の使用は、自然と有機栽培の木材を使用することで軽減する事が出来ます。 木材を栽培することは環境保護や健康的な生活を提唱するだけでなく、今日の近代社会の汚染された都市が排出する二酸化炭素を吸収する炭素吸収源の源になり生命になくてはならない必要な酸素を私たちに還元してくれます。

建設時に原材料として木が使われる際、他の原材料と比べると二酸化炭素や他の廃棄物が生み出される量も少ないのです。 近代建築資材にコンクリートや鋼鉄、ガラス、煉瓦を使用すると抑制されているより多くの二酸化炭素の排出につながります。もし木材を使っていれば。

1立法メートルの木材を他の建設資材と置き換えて使うと、1.3トンもの二酸化炭素の排出量が防げる上に、1立方メートルの木材を化石燃料や他の伝統的な原料に置き換えると約0.7トンまで二酸化炭素の排出量を抑える事が出来ます。

 

木材の環境への影響

木材が空気と水に及ぼす影響は最も低いのです。つまり木材の使用は潜在的に水や空気の質を破壊することはありません。 鋼鉄産業等と比較してもこれはまったくの真実なのです。

エネルギーや環境デザインでリーダーシップを取っている評価システム組織は、建物が環境に及ぼす有害な影響を評価する1つの方法として浮かび上がっている。 これらの評価システムは環境保護建築の4つの基本理念で成り立っています。

1.資源の使用を削減する

2.エネルギー使用の削減

3.汚染を最小限に抑える

4.環境への影響を削減する

 

有機で天然の木材を使用する

成形された木製品や、特定の用途の必要性に応じて成形された建物を接着する製品など、しばしば構造物や産業用に使われます。コレラの成形された木製加工品は信頼性が高く性能の特徴が分かりやすく、柔軟に設計できる利点があります。 これらは原材料として小さいサイズの木製素材に使われているだけでなく大きなスパンのものも利用できます。 それらはスイミングプールに使われています。 木材は化学物質の存在にも劣化しにくく天候の変化や湿度にも影響されにくいのです。 成形加工された製材は環境にも優しく、適度に使えば鋼鉄やコンクリートより安価です。 これらの製品は非常に資源効率が良く、それは最小限の無駄でより多く利用できる資源だからです。もともとの性質上建築には向かない木材は繊維状やチップに砕かれ建築資材の原材料として使われます。 木材と派生商品はラミネートのフローリングの様に床材に使う事が出来ます。

将来の世代に待ち受けている有機で天然の木材は何でしょう?

次世代の木材で作られる製品には、新しいゴムタイヤのに代わる物、レグニン系接着剤の代用品、医薬抗菌剤、ワイ利用可能な食品パック、高強度の布があります。 インドネシアや日本周辺の津波や地震に見舞われる地域では、天然木や製材で作られた家はコンクリートやレンガで立てられた家に比べるとより価値があります。地震や津波のような災害は木材で立てられた家に比べると資源や投資を重んじてお金のかかる昔ながらのコンクリートで作られた家はより多くの損失を引き起こします。

ロシアのキジにある教会は数少ない世界遺産の一つですが金属のジョイントの様なものはなく全て木材で建てられています。

結論

このように、天然の有機木材が正しく使われそれを維持するために適切な処置がとられたなら、健康的でより環境保護の生活を唱えれば、自然環境保護のすべてに役立ちます。 そしてそれが先の世代が健康的で環境保護の世界で生活できるよう後押しすることにもなるのです。

 

Today's Top Articles:

You may also like