Home [email protected] 持続可能な農業とは?

持続可能な農業とは?

by Ecofriend1874

農業は、人間にとって欠く事のできない習慣です。もし農業がなかったら、文明は破綻してしまうでしょう。しかし一般的に多く使われる農業方法としては、ほとんどの時代でエコフレンドリーではないのです。無秩序な農業習慣によって、私たちの自然は、汚染されてきました。持続可能な農業は、農業の過程を見直すことで、私たち人間にとっても、環境にとっても有益なことです。私たちの環境を汚染することもなく、自然の構成要素の不均衡をもたらすこともありません。

 

この農法を採用することで、農業に従事する人もより多くのお金を規則正しく得ることができます。消費者のためにより品質の高い食品を生産できるのです。どの角度からみても、すべての人にとって好都合です。いくつかの国では、動物が農業に利用されていますが、これは動物を酷使することにつながります。持続可能な農業は、この動物の酷使をストップします。新しい農法は、農業従事者の間でどんどん広まっています。これはむしろ一つの農法というよりは、生活様式もしくは生活の根本的部分となります。世界では、何万にもなる、生きている有機体にて維持され、そのほとんどは土に存在します。生きている有機体との相互依存を理解することがこの持続可能な農業の基礎になります。再生できないエネルギーは、有用に使うことが必要です。こういった形の農業は、1990年代にアメリカから始まりました。
corn stalks

持続可能な農業がなぜ重要なのかの理由

 

農地の欠乏が、農業に従事する人が、持続可能な農業を選ぶ理由として一番大きなものです。人口は、年々増えていますが、農地として利用できる土地は限られています。産業の発達によって、耕地を確保することがより難しくなっています。持続可能な農法の過程は、土地のクオリティを保つほか、生物災害なしに限られた耕地でより多くの作物が育ちます。

 

土の浸食は持続可能な農業が必要になる深刻な理由の一つです。耕作には限度があるので、土の浸食にこの方法が有効です。

 

耕作には、非常に沢山の水が必要となります。持続可能な農業では、水の使用量を削減できます。

 

健康のために私たちは、強い化学農薬を使って育てられていない食物を摂る必要があります。持続可能な農業では、消費者のために、健康な食品を作ります。

 

持続可能な農業を理解すること

 

この持続可能な農業技術は、作物循環と土の改善の2つの主要な目的のためのものです。土が自然な堆肥となり、豊かになれば、作物の産出量が増えることにもなります。化学肥料は使いません。豆科の牧草類を植えて、それを収穫することは肥料としての硝酸カリやアンモニアを生じさせ、土を豊にします。そうした栄養豊富な土に植えられた作物は、早く育ち、また栄養価も高いのです。農業に必要なエネルギーを減らし、そしてより栄養素の高い作物を供給することがこの農法の一つのモットーです。持続可能な農法が農業に従事する人の生活様式を向上させるでしょう。彼らは土地の灌漑や肥料に多くの投資をしないでもより多くのお金を得ることができます。

 

Today's Top Articles:

You may also like