Home Uncategorized 未来完了型、飛行機旅行が以前よりもずっと環境にやさしく

未来完了型、飛行機旅行が以前よりもずっと環境にやさしく

by Ecofriend1874

飛行機燃料が以前よりもずっと削減されつづけ、しかも設備をよりエコフレンドリーに変換していくことも、そう実現不可能なことではありません。将来の空の旅は排気ガスやムダが少なく、騒音もすくなくなるとことでしょう。燃料はよりクリーンで環境にやさしい選択で、新しい構造的な概念をもち、しかも空気力学上の戦略が取られるのです。デザイン、そして運行コンセプトがより環境保全の方向に変わるのです。航空専門家は2020年までに50パーセントの二酸化炭素の削減と、騒音を少なくするよう求めていいます。また80パーセントの窒素化合物レベルの削減も同じように要求しています。

jatrophafruting6

代替燃料

飛行機産業では、飛行機で使う代替燃料を探し始めています。将来的には、生物燃料からジャトロファ属の植物由来の開発中の燃料まで使えるかもしれません。航空飛行用のエネルギーはすでに批判のもとになっているものもありますが、沢山の選択肢があります。

 

エコフレンドリーなインテリア

いくつかの航空機では、より軽い炭素を含まないベルトやリサイクルできるカーペットなど、環境にやさしい選択肢がとられ始めています。将来は、取り替え可能な飲み物カートを使用しプラスティックやアルミニウムの入れ物を使うことになるでしょう。リサイクル方針は、いくつかの航空会社では強く押し進めています。リサイクル方針は継続的に増え続けています。いくつかの革新的なリライクル戦略が採られ、搭乗中のごみの分別や、リサイクルされた水のボトルから作られたカップを飛行中に使ったりしています。燃料費が高くついたりその他の理由により廃棄された飛行機でも、いくつかの航空会社によってリサイクルされています。
luggage handling airport Gran Canary, Canaries, Spain

地上サービス

航空関連サービスや航空輸送でもカーボンフットプリント削減が主流となっています。空港のタールマック舗装の道路を走る乗り物や空港関連の廃棄物でさえ、甚大な影響をもたらします。しかし、空港では地上のサービスによって生じる害をコントロールするべくエコフレンドリーな運搬方法を採用し始めました。再生できるエネルギーが空港の運用に使われるようになり、いくつかのリサイクルプログラムが進行中です。空港のトラックはディーゼルガスの使用によって動き始めています。シカゴのオハラ空港のように、23万平方メートルをもつ植物が生い茂るルーフスペースを持つなど、いくつかのユニークな方針が立ちあげられています。

 

よって、航空会社は、将来につながる多くのサービスを用意しつつあります。しかし、個人レベルでもなにかイニシアチブが必要でしょう。もしあなたが飛行機旅行をするのなら、重い荷物を持たないで、直行便を利用し、再利用できる自分自身のマイボトルを持ち、機内ではプラスティックのカンや水のボトルの利用を止めましょう。

 

Today's Top Articles:

You may also like