Home Green Homes @ja 低予算で賄える環境に優しい最良の建築用屋根材

低予算で賄える環境に優しい最良の建築用屋根材

by admin

環境に優しい製品は世界中で最も追及されている製品です。地球温暖化によって世界の人々が環境と省エネ、またエネルギー保全にむけて何かする必要性に目覚めました。今日建築業者も家のオーナーも環境保護の家を建てるのに、環境に配慮した素材で作られている製品を求めています。家の全ての構成部分が、環境に優しく健康的な生活様式を後押ししてくれる環境に優しい素材を使う事が大切だからです。

最も大切な家の構成要素の一つに屋根材があります。屋根材に関しては、メーカーが環境に優しい素材で作られた屋根材を重視しています。最近では環境に配慮した多くの建築用屋根材はスーパーに沢山あります。この記事で、あなたは最も環境に優しく低予算で賄える建築用屋根材について学ぶでしょう。

1.建築用再生金属屋根材

建築用再生金属屋根材は家庭や産業用金属ベースの進行で使われた金属片の寄せ集めから作られています。建築用再生金属屋根材はは耐久性があり防水防カビです。様々な色やデザイン、形、サイズが豊富に入荷されています。維持も簡単で劣化も早くありません。最後には再びリサイクルされるでしょう。家の中に温暖化ガスを排出することはありません。それらは比較的安価で世界中の金物店にあります。

2. ソーラー建築用屋根材

ソーラー建築用屋根材には太陽電池が埋め込まれていて、家庭内で消費する電力を自家発電するので省エネが出来る上、環境保護にもなります。経費効率が良く電気代も安くなります。もし電力が超過してもオーナーは発電した電力を電力会社に売る事が出来、結果付加収入になるのです。それらは頑丈でどんな気象条件にも耐える事ができます。ソーラー建築用屋根材は様々なデザイン、色、形やサイズを取り揃えています。

3. 建築用繊維セメント屋根材

建築用繊維セメント屋根材はリサイクルされたパルプや繊維とセメントを混合して準備されます。建築用繊維セメントは自然な外観を持ちタイルの重量があります。それらは低予算で屋内に有毒ガスは排出せず防菌防水です。ただ欠点は極端な天候の変化に耐える事が出来ません。このタイルを家に設置する前に地元の建築局で確認してください。建築用繊維セメントは様々な模様や形や色があります。

4. リサイクル建築用複合屋根材

リサイクル建築用複合屋根材はかなり軽量で、再生プラスチック、再生紙、再生陶器や再生タイヤなどのリサイクル物質で出来ています。それらはかなり軽く建築用デザインも多様です。ポケットに入れても軽く耐久性があります。極端な天候の変化にも耐える事が出来、防水防カビです。そして燃えにくい性質があります。特定の行政管区ではこれらの屋根材を許可していないので家に設置する前に地元の建築局に問い合わせてください。

5. 再生木材と建築用木製屋根材

木材はみんなが知っているように天然素材です。木製ベースの屋根材を準備するには木を伐採する必要があり、そのこと自体は環境に優しいとは言えません。しかし木材は再生可能な天然資源なので環境に優しいのです。リサイクル建築用木製屋根材は、家庭や産業用木材をベースとした過程からでる端材、私有地や庭から出た木材などから作られています。再生木材や建築用木材屋根材は防水のためラッカーやニスでコーティングする必要があります。コーティングには低VOC放出塗料を使うのだという事を覚えておいて下さい。また、再生木材や木製屋根材で気を付けなければいけないのは、常にFSCの認証がある物を選ぶことです。FSCの認証がない木材や建築用再生木材の屋根板を使用することは違法で犯罪です。国の法律で刑事訴追されるかもしれません。再生木材や建築用木材屋根材は長持ちし価格に見合う製品です。色々な建築にあうデザインや形、色やサイズも豊富です。

6.竹の 建築用建築用屋根材

竹の建築用屋根材は天然素材の竹で作られ、竹は世界中に豊富にあり、植えてから収穫まで3か月以内だという事で知られています。竹の建築用屋根材は外観が自然な茶色です。丈夫で簡単には破損や剥離しません。好きな色を塗っても構いません。塗装する時は環境に優しい低VOC放出塗料を使います。竹の建築用屋根材は低価格で役目を終えた時はリサイクルされるかもしれません。極端な気象条件にも耐え、幅広い建築用デザインの様式、色、形、サイズがあります。

結論

環境に優しい生活を実践し新たな決意で、世界中の建築業者と家のオーナーは彼らの家を設計しながら環境に配慮した製品を探しています。上に書いた環境に優しい建築用屋根板は価格に見合うもので丈夫です。有毒ガスなど排出せず用を終えた時はリサイクルされるでしょう。上記の屋根材を選択することは環境保全を促進するだけでなく省エネやエネルギー保全への道も開くでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like