TIAの新しい太陽の彫刻は刻々と変化する色や模様で人々の心を魅了する

ツーソン国際空港の新しい太陽の彫刻はその技術の未来と地域の歴史を繋ぐものであると、アリゾナ歴史諮問委員会によるセンテニアル遺贈プロジェクトは考えています。「南部アリゾナの魂」と命名された彫刻は高さ5.5mに上り光電池太陽パネル収集装置を備えていて、一定に光や模様の表示を変える幾つものLEDライトを稼働させています。

Solar Sculpture lights

彫刻は6つの円形の浮き彫りに囲まれていてツーソンの過去と現代のイメージが描かれています。一つはそのイメージが1910年のツーソンの初フライトを表していて、女性がサボテンの実を収穫している物もあります。これら過去のイメージは、輝く飛行機雲を後に引きながら100年先の発展に向かう未来の飛行機のイメージと対比されます。

将来太陽エネルギー の重要性は彫刻のテーマの基礎である舵に当たります。LEDライトを使ってよく表されていて、どの様に人間が光を感じるかを動力化するのです。すなわちそこに存在する人間を感じそれによって電力の消費量を調整します。人間がそこにいなければエネルギー消費は1/4に落ちます。驚く事に彫刻は1個の40W電球よりパワーは少ないにもかかわらず、一度に50個の電球を点火させる能力があります。

フェアフィールド・エンタープライズLLCはこの驚異を作る命を受け、ツーソンの重要な歴史を描くと言う考えを公正に行い、同時に埃ある象徴的な太陽の彫刻は住民やその地を訪れる人たちを歓迎し、彼らにツーソンが国で最初の太陽電力の都市である事を示しています

Via: フライツーソンエアポート

Today's Top Articles:

Scroll to Top