バイオ燃料を作る、最も奇妙な方法

ガソリンやディーゼルといった、私たちが毎日必要としている化石燃料は再利用することができず、その資源は限られています。バイオ燃料は生物資源から作られていて、再生することができます。また、ディーゼルやガソリンよりも環境にやさしいものです。 全ての国の科学者たちや研究者たちは、コスト効果があり、効率的なバイオ燃料を生産する新しい方法を模索しています。この生地では、世界中で行われているバイオ燃料の生産の驚くべき方法をいくつかとりあげたいと思います。 バイオ燃料はうまくいけば高価で環境を汚染している化石燃料に取って代わることでしょう。私たちは、日常で使う燃料を、低価格で生産することができるので、バイオ燃料は人気になることでしょう。
148476453
バイオ燃料を生産する、奇妙な方法:

  • デンマークはゴミを燃料に返る方法を発見した: エネルギー産業のデンマークの会社、Dong エネルギー社は家庭ごみから電力を集める他の会社であるAmagerforbrænding社と、2社のルネッサンスプロジェクトを通して協力しました。2社により試され、テストされた技術は、家庭ごみをエネルギー豊富な、半流体に換えるというものです。この液体は熱を生み出したり、電気を生産するのに使うことができます。この有機的な粒子はリサイクルのため分離されます。現在、2社は800kg の廃棄物を処理することができますが、もうまもなくより短い時間で、より多くの廃棄物を処理する予定です。  この技術は、高温でゴミを熱し、そのゴミと酵素を混ぜるために冷却する仕組みです。
  • 草から作るバイオ燃料: バークレーの植物遺伝学者であるGeorge S. Chuck氏は成長が速い草を作るため、トウモロコシの種類の遺伝子で実験をしました。その結果、コーングラス1よりも多くのでんぷんを含む植物のスイッチグラスの品種を作ることができるということを確認しました。このスイッチグラスの新品種に多く含まれているでんぷんは砂糖に変換することができ、それが順にエタノールを作ることができます。遺伝子変換で作り出されたスイッチグラスは、化学的な処理を必要としません。長い間、ずっと若い草のままです。

biodiesel

  • タバコからバイオ燃料: 健康に有害なタバコの新しい1面が、ローレンスバークレー国立研究所で発見されました。疾病対策センターによって行われた調査では、アメリカで起きている死の5つに1つは、タバコがその原因にあるとされています。バークレーの研究者たちのチームは微生物の発光技術をさらに進める予定で、石油燃料の代替として、炭化水素をよりエネルギー効率のいい燃料に変換しようとしています。
  • 虫からバイオ燃料: 土壌に生息する微生物であるラルストニア・ユートロファはMIT(マサチューセッツ工科大学)の科学者達の研究対象です。MITのライターである David Chandler氏によると、その微生物がある特定の栄養素を得られなくなると、成長をやめてしまうものの、複雑な炭素化合物を生産し、それを体内に貯蔵するのだそうです。研究者たちのチームはまた、その炭素化合物を、もうまもなく化石燃料にとって代わる存在となるであろうイソブタノールの形で放出する方法も発見しました。
  • 藻類からバイオ燃料: 17歳の少女、Sara Volzさんは、藻をバイオ燃料にするために自分の寝室を研究室にしました。 彼女によると、藻が生成する自然のオイルは、車を走らせるための燃料に変えることができるそう。彼女はこの画期的研究のため、10万ドルの奨学金を獲得しました。

012410cary-biofuels_thumbnail_t320_240

Today's Top Articles:

Scroll to Top