生物燃料のグリーン性

バイオディーゼルは一般ディーゼルに代わる一番のもので、オーガニックで再生可能なものでできています。バイオディーゼルの生成には野菜油や動物性脂肪を触媒にしています。

バイオディーゼルは従来のディーゼルエンジンに何も改良を加えることなく使用できるので、様々なエンジンに対応します。生物分解性で危険も無く、安全で環境にも優しいものです。開発においてもコストがかからず、研究や技術などにおいても手がかかりません。このお陰で産業レベルでの燃料問題がかなり解決されます。

10種類のグリーン性

1.バイオディーゼルは、アメリカ国内のディーゼルに比べてセタンを多く含んでいます。BTUを多く含む割りに作業性に優れています。従来のエンジンを通して利用してもパフォーマンスに影響しません。

2.健康にも問題はありません。十分にテストがされて一般のディーゼルに比べても性能は衰えていません。つまり世界的に見ても人類の健康と環境にとって最適なのです。

3.今や300種類以上もの機械がバイオディーゼルを利用してしっかり稼動しており、通算走行距離もかなりの数字になります。

4.ディーゼルによってパイプ内にたまる廃棄物の洗浄効果も期待できます。フィルターの交換度合いも従来のディーゼルほど頻繁に行う必要はありません。

5.バイオディーゼルは普通のガソリンにも取って代わるものと期待されています。野菜オイルや動物性脂肪などから生じる廃棄物を利用しているので、外部の素材を使うというよりは身近なところで生成できるのです。

6.運送用としてはエネルギーレベルが最も高いものとして知られています。DOE/USDAによる調査によるとバイオディーゼルはガソリンの3.2倍にものぼるエネルギー回収率を誇ります。

7.前衛的な自動車メーカーの中にはトラックやディーゼルカーにB5ディーゼルを対応させています。しかし、より高級なB20が世界基準として広まっています。

8.原油価格が高騰する中でディーゼルも例外ではないので、コストだけではなく性能も兼ね備えたものとしてそのニーズは高まっています。

9.原材料は藻です。養殖にも成功しているので将来的な見通しも明るく、環境さえしっかりしていれば大量に収穫できて陸地も使用しなくてもいいのです。報告では商業用には1エーカー当たり毎年200000ガロン以上のオイルが生成可能ということです。

10.自動車メーカーとしては粘度がより大事で品質に左右してきます。最新のディーゼルエンジンは高品質なディーゼルを必要としていて、粘度が微妙に変わっても大問題です。その代わりにエンジンは静かにスムースに稼動でき、その為に14以上の会社が多くの予算を投資していて今日では世界中に2億ガロン以上が生産されています。

Today's Top Articles:

Scroll to Top