リサイクルした食用油から作られたバイオディーゼルについて知っておくべき5つの事項

Biodiesel

信じられないかもしれませんが、これは真実です!1リットルの不用となった食用油は、100万リットルもの水を汚染します。そのため、この危険を回避し、かつ燃料として食用油を使用するために、現在、リサイクルして石鹸やバイオディーゼルを生産するために使用され始めています。かつては、油を容器に入れてごみ箱にすてるか、または排水管に流していました。しかし、その時は、それが下水設備や排水管を詰まらせているだけでなく、野生生物へ大きく影響を及ぼしていることを誰も知りませんでした。料理油をリサイクルすること知りたい方は、この記事を読んでください。

スコットランドのキルマーノックやその他の国において、政府は、リサイクル・プラントに使用済み食用油を持って行けばバスに乗ることができる、とてもユニークなイニシアチブをとりました。これが住人の環境保全に重大な役割を果たすだけではなく、適切にリサイクリング・プロセスを促進し続けているのです。

1. どのような仕組か

化学者によると、「食用油は、植物起源が浄化された脂肪で、常温の液体です。」

使用された食用油の適切な処分は、重要な廃棄物管理に関係しています。油は、水が薄い膜状に広がる傾向があるのに対して軽い性質があるので、水の酸化を防ぎます。

2. リサイクル、またはエステル交換反応

食用油とキッチン油がリサイクルされる化学工程は、エステル交換反応と呼ばれます。そして、その後バイオディーゼルに変換されます。食用油を直接ガスタンクへ入れて使うのではないのです。さらに科学者は、その有害な結果をコントロールするフィルタを作成するために多くの研究を行っています。

3. シンクに流さないという選択

食用油はキッチンシンクやトイレに流すべきではありません。油を処分する適切な方法は、非再利用可能として容器に密閉して、通常のごみとして廃棄処分します。油の容器を冷蔵庫に入れて固まらせると、処分が簡単で汚れることもありません。

4.配管や下水道を詰まらせる

下水管が詰まる一番の原因は、料理油やキッチン油を過度にシンクに捨ててしまうことです。油が下水管に付着して、それが詰まりの原因となり、最悪な場合は水道管を破裂させてしまうことがあります。一時的に詰まりを発生させるだけではなく、生態形にまで影響を及ぼすということを心に留めておくべきです。

5. モータ油と混ぜてはいけない

油をリサイクルする時、食用油とモータ油を混ぜることができるように思えますが、それは大きな誤解です。油をリサイクルする場合は、料理油とモータ油を決して混ぜてはいけません。この2つは根本的に性質が異なり、リサイクル・プロセスも異なるのです。そして、重要なことは、一旦混ぜてしまうと、再びそれらを抽出することができないのです。

冷水を流す

時々、キッチン油が排水溝から流れづらくなる場合があります。それが小量であれば、すぐに冷水を大量に流せば油の凝固を抑え、配管を詰まらせることを多少なりとも防ぐことができます。さもなければ、質汚染を引き起こして流れを妨げる原因となります。

回収場所

料理廃油を処分するための特定の回収場所は、不便ではない場所に作るべきです。また、民間の関連機関や地域コミュニティーは、料理油のリサイクルに関して、どのようにして利用者にリサイクルする動機を与えるかを真面目に考えるべきです。皆さんは自宅で簡単に使うことができるように配置して、分かり易いようにラベルをつけてください。

要点:

適切に処理すれば、食用油からバイオディーゼルを生産することができます。食品を料理するためにキッチンで食用油が使用されることを多くの人が知っている限り、また、栄養士が信じているとおり、食用油と油は人の健康を害する場合があります。そして、食用油から不適切に処分した脂肪分は、さらに環境を悪化させることを知って、驚かないでください。

あなたが環境にダメージを与えていたり、生態形のバランスを崩したりしていれば、それは、環境保全と自然保護における重罪です。環境を保護するために、ほとんどの国で様々な規制がなされました。いくつかの規制は、以下の通り、多くの国々で共通しています:

  1. 環境保全法
  2. 水質汚染防止及び管理法
  3. 大気汚染防止及び管理法
  4. 野生生物保護法
  5. 森林保全法

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top