Home [email protected] 太陽パネルを太陽電池と帆として用い二酸化炭素の排出を削減する貨物船

太陽パネルを太陽電池と帆として用い二酸化炭素の排出を削減する貨物船

by admin

Solar Panels

これまでに、ものすごい勢いで進歩し続ける人間の想像力と才能には脱帽するものがあります。工業化の黄金時代には、石油を思う存分使ってきました。その後、しばらくして、そのことが重大な間違いであることに気が付きました。そして、従来の燃料以外で利用することができるエネルギー源に目を向け始めて、今まで気づかなかった太陽に、無限のエネルギーを持つ巨大な可能性があることが分かりました。今日では、再生可能なエネルギー源の利点を理解したので、そのエネルギーを十分に利用するために徹底的な研究が行われています。例えば、エコ・マリン・パワーのプロジェクトとして貨物船に太陽電池パネルを設置して、太陽電池と帆の両方の役割をする二官能基を持たせる試みが行われています。

エコ・マリンは、日系企業のフクオカが、このコンセプトを海運業がエコグリーンになる方法として促進しています。手始めとして、太陽電池パネル船のデッキにアクエリアム・システムを設置します。この先進技術は、最大限の量の太陽エネルギーを捕えるようにパネルを配置し、さらに、そのパネルは帆として風力エネルギーの量子も利用します。これらのパネルは、運航中に捕えた太陽エネルギーを利用して、港で再充電をする際に使用することが目的です。これはまだパイロット・プロジェクトなので、これらの帆は、既存の船や大型のオイルタンカーに設置されることになっています。しかし、長い目で見れば、この試験が成功すれば、これらの帆は小型船でも使われることでしょう。

このような開発が実際に行われていることは実によいことです。その積み重ねが今日の素晴らしい結果につながっているに他ならないからです。私たちの母なる自然を保護して、この地球を次の世代が住みやすい場所にすることは、多くの人の願いです。今日、この崇高な目標に関する努力をしていない個人や組織、コミュニティ、そして国はありません。そのため、予想していなかった産業である輸送が、予期していなかったステップを踏み出し、太陽パネルを電池と帆の両方の役目を果たすように、無駄なく利用しようとしています。最後に、このプロジェクトの努力が成果として実ることを願っています。

Via: Treehugger

Today's Top Articles:

You may also like