Home [email protected] 青い海にエコを約束するソーラー双胴船のデザイン 10例

青い海にエコを約束するソーラー双胴船のデザイン 10例

by admin

Solar catamaran

環境保護は最近の流行りとなり、多くの企業や革新的な個人は環境を守るためにそれなりに行動しています。こエコ意識の波によって、多くの企業やデザイナーが完全にエコで太陽エネルギーで発電する双胴船というアイディアを考案することを促進してきました。

以下、青い海にエコを約束するソーラー双胴船のデザイン10例を紹介します。

1. ソーラー双胴船フロート 1
フロートと名付けられた太陽光発電を発展させることはジェフリーグレガーの功績にあります。この環境に配慮したフロートは車の上に置かれ、水の波を感じさせるために湖や静かなビーチまで持ち運びできます。フロートは4人を収容できるほど広々としています。LEDのテールライトと内蔵スピーカーがあります。フロートの最上部には太陽エネルギーを集めるソーラーパネルがついています。双胴船はリチウムイオン電池で動きます。

2. エンソ1 双胴船
双胴船を動かすエンソ翼は工業デザイナーであるザックステファンチックの発明品です。140 インチの船は環境に優しく、開放的な水上でスタイリッシュに動くために使われます。ザックによると、禅宗からヒントを得てエンゾをデザインしたそうです。この双胴船の推進システム装置は環境に配慮しています。エンソは内側からかなり広々としています。

3. 太陽エネルギーで動く双胴船
国際生態ステーションがこのヘリオスコストと名付けられた太陽光発電の双胴船をデザインし、作りましたスペインのザモラ州の北東で現在運行しています。そのエコボートは完全に持続可能で、旅行客を魅了しています。80座席あるエコボートは今や水生の生物多様性天文台のヨーロッパのネットワークの一部になっています。 長さ19メートルで幅6メートルです。双胴船は20個の太陽パネルと4つの風力タービンを特徴としています。

4. エレクトロ・ソーラー
名前が示すように、この双胴船は太陽エネルギーで動きます。この太陽光発電の双胴船はソーラーチャレンジに参加する予定です。この環境に優しい双胴船はフォーミュラ18双胴船の船体から作られています。デザイナーは高効率の光発電モジュールを双胴船に取り付けました。そのモジュールは太陽光を集め、約2キロワットのデネルギーを発生します。エレクトロ・ソーラーは最速約8ノットのスピードに達するとが可能です。

5. GO2 双胴船
デザイナーのクリス・ローズはテームズ川を運行するGO2 双胴船を考案しました。この双胴船は完全に電気で動きますので、100%エコです。双胴船にある圧電性のダンスフロアは搭載された電池を充電するために、ダンサーの運動エネルギーを使います。このような電池で発生した動力は二つの船体に付けられた電気モーターを回転させるために使います。船体は海の層からできています。

6. 生態触媒 双胴船
生態触媒 双胴船は10ボルトエンジンまたは、8ボルトエンジンからエネルギーを得ています。最も優れた点は、両方のエンジンがディーゼルかバイオディーゼルで動きます。双胴船は8.8メートルの長さで、最速110マッハです。

7. ソーラー・プラウ船
デザイナーのキャロライン・ディスマン、ティボール・バーソロマ、そしてアンドレアス・スチュアブは、持続可能な太陽光発電の双胴船、ソーラー・プラウを考案しました。この光沢のある、スタイリッシュな双胴船は6人収容可能です。双胴船の約14.5平方メートルは太陽光発電パネルで覆われています。搭載されたプラウの電池は230ボルトの電気ソケットによって再充電されます。プラウは最速6.59ノットの運行が可能です。それは完全にエコです。

8. 折りたたみ式ソーラー双胴船
FOSCAT-32 はユニークなデザインのため、他の双胴船とは異なります。その双胴船はA級自動車、輸送デザイン賞を受賞しました。この双胴船はエネルギーを太陽と風力から得ています。Uターンが楽にできるDCモーターを特徴としています。

9. サン・キャット
台湾の工場であるホライズン・ヨットはソーラーウォーターワールドAGと協力して、サンキャットを設計し、建築しました。この太陽光発電の双胴船は760ワットの電力を起こすることができます。It has four solar panels. サン・キャットは12名までの乗客を運ぶことができます。 J.C.エスピノサはこの双胴船の外部をデザインしました。

10. エコスリム
この環境にやさ引い双胴船は船大工のドラッサン・ダルマウによって開発されました。ボートは150人迄を運ぶことができ、最速約7ノットまで出すことが可能です。

Today's Top Articles:

You may also like