Home [email protected] 持続可能な建築材料 8例の技術革新

持続可能な建築材料 8例の技術革新

by admin

Green building

数々の環境に優しい要素がエコなビル建設に生かされます。最も重要なことは良い環境に配慮した構造を発展するのに役立つ場所です。他の考慮すべき要因は材料のが入手可能かどうか、見た目、そして人々の健康と安全です。

しかし、最近の技術の発展に伴い、ビルはCO2排出ゼロで建設することが可能です。以下8件の持続可能な建築革新を紹介します。

1. 熱と発電所の結合

Combined heat and power plants

この連結した熱と発電所はエコな材料の中で最も重要な発明の1つです。1つのプロセスにおいてエネルギーを伴う熱の発生と再生可能エネルギー資源にそれ連結するという要素はCHPと呼ばれています。 CHP施設は電気を生産します。この技術はデンマークで非常に人気があります。

2. 緑色のレンガ:

エコな敷地に合うように、古いレンガをほどんど取り替えるほど緑のレンガがとても人気を集めています。これらの緑のレンガは完全にリサイクルされた製品で、非常に軽量でより良い絶縁性があります。

3. リサイクル材料

Recycled materials

エコ技術の発展においてリサイクル材料は重要な役割を果たします。エコ技術とは全てリサイクル製品を使うことです。リサイクル材料か簡単に作れる製品があります。中には、窓、ドア、床、地下等があります。リサイクル製品から作られたレンガはCO2排出量がほんのわずかですので、生態系を保護することになります。リサイクル材料はとても手頃な価格のため、人気があります。

4. 対流換気システム

このシステムは簡単に作動する最もよく使われる技術の1つです。家を完全に断熱して、外気と交換できるように気流のための小さい場所を作るだけでよいのです。 屋内の熱した空気は小さい穴から出ていきます。つまり、熱が部屋から屋外へと移動します。対流換気システムは、熱を1つの源から別の源まで移動させる熱交換器のように作動します。

5. 熱質量

Thermal mass

熱質量技術は持続可能なエコ建築のための世界で最も人気のあるエコ技術の1つです。それは材料が吸収し、蓄えることが可能で、後に分散して熱の形になります。この技術によって、建築材料がエネルギーをゆっくり吸収し、より長い間保存することが可能です。

6. 住宅、窓の位置決めと太陽光浸透

House and window positioning and sunlight penetration

この技術はその機能を実行するために太陽エネルギーを使う最も古くか実施されている技術の1つです。この技術の裏にあるコンセプトは住宅の光熱費を削減するために、最大限の太陽エネルギーを住宅に利用することです。住宅は完全に太陽光に晒されます。窓は太陽光が簡単に浸透し、家を明るくすることができるように特別に設計されいます。

7. BIPV

BIPV

BIPV技術は発電において世界中で最も人気のある方法です。この技術は非常に早く進化してきいましたので、太陽エネルギーを使ってエネルギーを発生し、保存する様々な方法を見出すことができます。この技術では、長方形の太陽パネルのルーフタイルが太陽に晒された時に発電するようにビルの屋根に置かれます。このタイプの技術はエコな電気を発生するのに最適なオプションでしょう。

8. MODÌ グリーンルーフシステム

MODÌ Green Roof System

このエコ技術革新は水保全と管理のために特別に設計されています。水収穫プロジェクトから発想を得て、この技術は豪雨水を集め、持続可能なグリーンルーフを作るのに役立てます。 MODI グリーンルーフシステムはプラスチック製で、防水性です。屋根は水が素早く流れ出て、屋根の安全を維持できるように、多数の穴があいています。

Today's Top Articles:

You may also like