Home [email protected] 注目すべき太陽エネルギー技術の進歩 10例

注目すべき太陽エネルギー技術の進歩 10例

by admin

Solar Panels

過去にみられないほどの高い頻度の自然災害という形の災難によって、我々が資源を浪費してきたことが明確になってきています。しかし、自然といものは親切で、人間が自然に関心を戻すことで、我々のこれまでの道を修復し、愚かな行為を改めるチャンスを与えてくれます。風、水、太陽エネルギーの恩恵はもっとも尊い天の恵みです。現代の科学者達は発展した世界に欠かせない、電気を生産する分野において、太陽エネルギーを通して、発展させていくのに十分な能力があります。

太陽エネルギーは太陽からのエネルギーを電気に変換するプロセスです。この分野において、我々はずっと研究してきましたが、まだ調査できていない部分が多くのこっています。太陽光は太陽光発電か、集光型太陽熱発電を使って電気に変換されます。この「太陽」の無限の動力を初めて活用した時から、太陽光の進歩と発明が行われてきました。

1. 染料に敏感な太陽電池を動かすナノテクノロジー

オハイオ大学の研究者によって開発されたこの技術は、ナノワイヤーに太陽から吸収された光子が効果的に放射し、電気を電動することができというルテニウムとチタン/酸化亜鉛粒子の融合を使用することを強調しています。

2. 太陽光発電に光結晶を使用

スターソーラーはMIT出身の物理学者の援助によるケンブリッジ起点の新規事業で、光結晶と言われるものに発展しました。通常、高品質のシリコンが太陽からのエネルギーを取り込むために使われますが、多くの結晶がその過程で無駄になり、吸収されません。ガラスの微小球体の特別のパターンを開発し、それを光結晶の内部に置きました。それは更に太陽電池の後ろに適用され、太陽光の後ろからシリコンに戻るまに吸収されなかった結晶を向きなおすように誘導されました。

3. ヘリオチューブ

この分野におけるうひとつの進歩はヘリオチューブの形で海峡エネルギーによって研究、及び回はてうされました。これらのパネルは最大量の太陽光が吸収できる場所から最も良い方角に応じて調節や方向が変えられるように、太陽コネクターか鏡がついています。

4. 太陽電地に銅インジウム二セレン化物を使用

光起電の優れた製造会社の一社であるシェルソーラーは、シェルソーラーST40とよばれるモジュールを開発しています。そして、それは後部ガラスに銅インジウム二セレン化物が取り付けられています。それは半導体で、太陽光い晒された時、光を電気にかなり完璧に変換します。

5. フレキシブルシート上の太陽電池Solar cells on flexible sheets

ニュージャージー技術研究所の研究者達はカーボンナノチューブとカーボン・バッキーボールを使って製造される細かく細い太陽電池を考案しまし。そして、それがプラスチック・シートの上で塗られ、建物で使われる通常のペンキの代わりに使われることが可能です。

6. 球面太陽電池

日本のクリーンベンチャー21によって開発された技術はこれまでの長四角の電池の代わりに、球面太陽電池を利用しています。それは球面電池はあらゆる方向からの電気を吸収するのにかなり効果的だからです。優れた技術です。

7. 反射皿

イスラエルのベングリオン大学の研究者達はシリコンをガリウムと取り替えました。そして、反射する食器で使われるとき、それは太陽エネルギーより十分に取り入れられます。初期投資は高額になりますが、発電という点において、通常の方法と比較してその投資のリターンは大きいです。

8. ヨウシュヤマゴボウの実を使用

ヨウシュヤマゴボウの実は簡単に育ち、繊維ベースの太陽電池がより太陽光を吸収する時、赤色染料を作ります。

9. 砂利電池

これらの電池は太陽が隠れた時、太陽エネルギーを貯めるのに効果的に使用されます。

10. 太陽燃料

太陽燃料は高温吸熱性反応を引き起こす為に、集中的な太陽放射を使います。このような燃料は我々がより良い生活へと向かうための初期の段階ですが、最終的にはよく言われるように、「将来は我々にまだ時間が残されている時に賢く行動するかどうかにかかっている。そしてそのことは確実に現代、特に我々の地球を守ることになるのです。」先見の明が明らかであればあるほど、将来は益々楽しいものになることでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like