Home [email protected] Afsluitdijk (アフスライトダイク・締め切り大堤防)にあるワールド・サステナブルセンター は自然主義と利用者体験が崇高に融合した場所です。

Afsluitdijk (アフスライトダイク・締め切り大堤防)にあるワールド・サステナブルセンター は自然主義と利用者体験が崇高に融合した場所です。

by admin

World Sustainable Centre

Afsluitdijkh(アフスライトダイク:締め切り大堤防)は実際に長さ32キロあり、オランダの北ホランド州とフリースランド州を繋ぐメインの大堤防です。魅力的な大堤防は横に海水のワドン海があり、新鮮な水Ijsselmeerが反対側にあります。この広範囲な連結は 不屈の人間の精神と周囲の遍在する自然の美しさを称賛するためにずっと具体化されてきました。このような興味をそそる特徴を考慮して、マティアス・カーチ建築は中心地点の堤防に近いワールド・サステナブルセンターという野心的なプロジェクトを構想してきました。

少なく見積もったところによると、毎年、Afsluitdijkはオランダにくる約30万の旅行客を魅了しています。 防壁の近い線形による終りのない水の範囲の崇高な合流点は、旅行者にとって正しく『啓蒙的な』経験を確かに示唆しています。粗野な自然主義的な訴えのこの荷を負っていない光景は、でおしつけがましい人工構造の欠如によって、さらに強調されます。
粗野な自然主義的な訴えのこの荷を負っていない範囲は、間近にあるおしつけがましい人工構造がないことで、更に目立っています。

これら全ての心理的、物理的な要素を考慮すると、建築家は社会的なスケールの上に公共のビル考案したかったのです。それは、特有の自然主義と利用者重視の利便性のギャップを埋めることになるでしょう。建築家達は世界の持続可能センターを考案しました。それは旅行客用のホテルに加え、美術館、文化センター、教育研究センター等の施設の融合からなりたっています。

建物は頑丈な柱で支えられ、水面に建てられます。そこは、ボートから構成される輸送システムによってのみアクセスが可能です。そのように、従来の人工構造物からの物理的隔離を維持しています。その不規則な非建設的な形が柔軟な流動性の性質の良い例となっており、その微妙な垂直状態は、周囲の水景の巨大な広がりによって重畳されます。この自然のシステムに人工の構造を合体することは、Afsluitdijk固有の景色の見栄えを確かに守ることでしょう。

環境に優しい性質となっているで、全てのの建物はあり余る程の再生エネルギー源によって維持されています。上部にある目立つ縦のタービンは風力エネルギーを生産します。また一方で、太陽電池と水収集メカニズムによる『適応可能な膜』が他のクリーンでエコなエネルギー源のための収集ファサードの働きをします。

Via: Architizer

Today's Top Articles:

You may also like