Home Biofuels @ja ザストランドの住人は、調理用オイルで使って発電する

ザストランドの住人は、調理用オイルで使って発電する

by Ecofriend1874

今日の発電を脅かす様々な問題の中で、汚染の上昇と化石燃料の枯渇が最も大きな懸念となっています。 世界をエネルギー危機から救うために、環境に優しい方法であらゆる手段が取られています。 今「環境に優しくしよう」のモットーは、新しい技術や革新的なアイデアが続いています。 これに従って、ザストランドの住人は斬新なアイデアを考案し、それは調理用オイルから電力を生成するものです。 全行程は廃棄物リサイクルセンターの協議会の一つで行われ、「生活燃料」によって収集されます。
3870134134
調理用オイルから環境に優しい電力を生成する取り組み全体は、エネルギー危機から世界を救う、優れた取り組みといえます。 このプロセスでは、不要で未使用の調理用オイルを入れたタンクは、5つのザストランド協議会リサイクルセンターに設置されています。 「生活燃料」が係る次のステップは、英国の一般家庭やオフィスのために、調理用オイルを集めて電力を生成する事です。

実施した調査によると、多くの人が残った油や未使用の油を排水口に流していて、英国の環境を損なうばかりか、毎年排水口のつまりを取り除くために、1500万ポンド前後の費用が掛かっています。 ザストランドの住民は明らかに、環境を保全する事に向かって積極的に歩みだしています。 彼等の取り組みと彼等のおかげで、今調理用オイルを使って電力を発電する事ができ、より持続可能な未来を作り、気象変動を低減するのに役立ちます。

協議会のリサイクルセンターのリサイクル施設は、デューズベリー、バーストール、ハダースフィールドとメルサムにあります。 4つの施設を持つ住民は今、二酸化炭素削減と納税者のお金を節減し、電力を発電する事で環境を保存する選択をしています。
Income+Statement+Evolution
「生活燃料」の報告によると、1リッターの調理用オイルは、電球を225時間、プラズマテレビを50時間、DVDプレーヤーを440時間使い続けるエネルギーを十分に発電する事ができます。 電力を調理するプロセスは、素晴らしいの言葉に尽きます。 そしてこれは、知的で持続可能な電力を作る経済的な方法です。 技術革新は確かに、このような革新をもってベストな状態といえます!

Today's Top Articles:

You may also like