Home Uncategorized このリサイクル可能な新しい種類の太陽電池は植物から出来ている

このリサイクル可能な新しい種類の太陽電池は植物から出来ている

by Ecofriend1874
太陽電池は、エネルギーを採取するために、最も環境に優しい方法で、排気ガスを排出せずに電力を作り私達に提供します。 しかし太陽電池の製造そのものは、あまり環境に優しいものでなく、それらが役立とうとする目的に反するものです。 しかし、ジョージア工科大学とパデュー大学の有機フォトニクス・エレクトロニクス・センターで現在取り組んでいる研究者達は、彼等は樹木に含まれる素材だけで太陽電池を作っている、と言います。
環境関連テクノロジーを作るために、再生可能資源を使い、研究者達は新しい種類の有機太陽電池を作りました。 寿命が尽きると分解し、その生産とリサイクルに化石燃料への依存が少ないものです。
hgImage (1)


光合成を促進する化学プロセスのために、植物が使用する基本的な有機物質と同じものを使い、新しい有機太陽電池は、採取した太陽エネルギーの2.7%近くを、電気エネルギーに変換します。 この数字は、有機素材や非化学物質が、この驚くべき変換を作り上げると考えると、非常に印象的です。
hgImage (2)
セルロース・ナノ結晶と呼ばれる容易に生分解する構造は、これらの有機基質を固定するために使用されていて、使用限度が切れた時は暖かいお湯を用意すれば、この太陽電池をリサイクルする事ができます。 合同研究チームはこの様に、環境に優しいエネルギーを提供するために使われる技術を作り、リサイクルするより環境に優しい方法を作りました。 このチームは今、より効果的に太陽エネルギーを変換する有機基質を得ようと取り組んでいて、間もなく2桁の変換効果を作る可能性があります。 勿論、水溶性太陽電池は雨や嵐から保護する必要がありますが、硝子や透明の防水ケースに包む事で、容易に解決できます。 チームは向こう5年間で、太陽電池を生産に持ち込む事を願っています。

Today's Top Articles:

You may also like