Home Renewable Energy @ja 理論上にある5つの再生可能エネルギー燃料

理論上にある5つの再生可能エネルギー燃料

by admin

Water tides

エネルギー資源の分野で、我々は力を振るっていると長い間言われてきました。40年から60年後には、ほぼ尽きかけたわずかなエネルギー資源しか残らないと言われています。そこで、新しいエネルギー源を求めて、再生可能であろうとなかろうと、代替エネルギーが必要とされています。これに関し、情報交換や相談のため、沢山の大規模・小規模なミーティングが世界中で開かれています。議論が沢山なされるようになりましたが、価値のあるものはありません。

危機を乗り越えるために、私たちは間違った方向で多くのエネルギーを浪費しているのが実情です。現存する非再生可能エネルギー源を長い間使用し続けることは不可能であると、心に刻んでおかねばなりません。下に述べられている再生可能エネルギーは、まだ理論上のものです。しかし、もし実際にそのようなアイデアを導入したならば、私たちの地球は、エネルギー資源が尽きず環境汚染のない惑星になるでしょう。

1. 液体酸素

調査によると、エネルギーは、風、水、温室効果ガスといった実体のある自然要素から、必要とされる形に変換することができます。地球の3/4は、水や、酸素・水素でできていることはよく知られています。水素はとても燃えやすく、汚染物質をほとんど排出しません。大量の水から水素や酸素を取り出すことができれば、母なる地球が未来に必要とする貴重なエネルギーを手にすることができるのです。

水から水素や酸素を作る技術は可能ですが、費用は手頃なものではありません。依然として、この技術をより経済的にするための努力が重ねられています。前述のプロセスで作られる酸素は、地球の地殻や環境において適切な量を保つのに十分です。この酸素は、圧縮されて、今日ロケット推進に利用されている「液体酸素」にすることもできます。

2. 海の中の風車

風という形のエネルギーもあります。これは、風車のタービンを回転させて発電されます。風力発電が、海上で最高の効率を発揮することは良く知られていますから、海に巨大な風車を設置することができれば、大きな恩恵となります。力強い風が巨大な風車を回してタービンが稼動し、ニューヨークの2都市を十分に一日中まかなう電力を作ることができます。

3. 潮水のエネルギー

海中の潮水の速さは、最低時速40kmです。そこで、もし巨大タービンを潮水下に設置すれば、それぞれのタービンが非常に大きな約2000メガワットという電力を発電できることになります。タービンの翼を守るため、激しい海中の波に耐えられる強さをもったタービンが作られなければなりません。我々は依然として、水準への到達や、波に十分に耐えうる強い合金の作成に尽力しています。

4. 円錐型ガラス室のエネルギー

アメリカとフランスの科学者たちが会議を開き、砂漠において円錐型ガラス室を反転させて設置し、上にタービンを据え付ける考えを考案しました。ガラスは熱を集めて室内の温度を上げるという事実、そして温かい空気は上昇するという事実に基づいて、タービンの動きによりエネルギーが生まれることになります。

5. 燃料としてのメタンガス

天王星などの惑星には、メタンが豊富にあります。可燃性ガスであるメタンは、緑の惑星において非常に有用なものです、前述の事項を踏まえると、新たな形のエネルギーは、従来の形のエネルギーを代用できると結論を下せますね。現在このような再生可能エネルギーは自然の中に秘められていますが、それを探し出して賢明に使用することが求められています。

これまで挙げた5つの再生可能エネルギー源が実現すれば、エネルギー源についての懸念は全て払拭されます。理論上にある内は無駄となっていますが、実現すれば、最も効率が良く信頼できるエネルギーになるでしょう。

Today's Top Articles:

You may also like