ハイグロ発電の全て

研究者は毎日のように新しい再生可能エネルギーを見つけ出そうとしていましたが、ついに発見しました。ソーラーパワー、風力発電、水力発電に続く最新の発電手段は雲から電力を採取するものです。

ハイグロ発電という名のこの発電法はアメリカ化学社会発見の会議で科学者のフェルナンド・ガレンベック氏とブラジルのカンピナス大学のチームによって発見されました。ガレンベック氏は古い論理である空気中の蒸気は電力を持たないということに異論を唱えました。いくつもの実験を通して空気中に存在するシリカとリン化アルミには電力が宿り、放電するのだということを発見しました。この発見は革命的で、このハイグロ発電を利用して世界中が恩恵を受けるように技術を煮詰めているところです。

トレンド

湿度の高い大気から再生可能エネルギーを採取する

湿気の高い空気から発電をする技術はブラジルのカンピナス大学の科学者チームによって研究されています。シリカとリン化アルミには電力が宿ると発見したことを受けて、いかに実用化させるかに商店を当てています。基本的には太陽電池パネルのように空気中の蒸気から電力を充電できるメタルを発見するのが急務です。将来的には住居や自動車への充電が出来るパネルの開発を目指しているのです。湿度の高いところでは効果大です。発電に加えて、空気中の電力を利用するのでカミナリの発生も減らせます。

効果

科学者達はハイグロ発電の興味深い使用法を考案しました。ほかの再生可能エネルギーのように効果は大きいということで、何はさておきソーラーパワーのようにビルの屋上を通して発電が出来るのです。電気を起こすだけでなくカミナリの発生の可能性も減らし、カミナリの多い地域には効果的です。

不安要素

どのような技術にも不安点はあるもので、言うは安く行うは難しです。まずはこの方法で発電された電気で100ワットの電球を5時間使用できるのかどうか、また実際にはどれほどの電気量が集められるのかという点です。一刻も早くこの問題の解決が求められます。

影響力

何世紀にもわたってカミナリ雲から電気を取ろうとしてきました。20世紀においてはノキアやテルスラが挑戦しました。そしてついに家庭・オフィス用に一般電力の負担を減らすことの出来るハイグロ発電法を開発したのです。特に湿度の高い地域に効果的です。しかし必要な量をコンスタントに集めるにはまだ時間が必要です。何とかして大気中の電気を最大限に集めることの出来るメタルを発見し人類の歴史に残るような発明にしたいものです。

これは発電業界において革命的な発見です。これが実現化されれば人類は安くて無限の電力を手にすることが出来るのです。

Today's Top Articles:

Scroll to Top