Home Uncategorized 風力エネルギーをワイン農園用に

風力エネルギーをワイン農園用に

by admin

再生式エネルギーの発達に伴って新しいプロジェクトとして風力によるクリーンにグリーンな電力が注目を浴びています。この新しい発明によるとワイン用にブドウを育てる畑から電力を引くことが出来るようになるのです。ワインを育てる以外にも資源の有効利用として良い利用方法です。ワイン業者にとっては副収入源として電気を発電できることは大きなポイントです。効率性も高いので費用も最低限で済みます。

適用技術

ここではハムディンガー・ウィンドベルト技術が使用されています。通常は風力発電はローターつきのタービンによって発電されます。しかしこの方法だと違ったカタチで風力発電が行われます。つまり振動周波で発電するのです。発電用の制御装置がブドウ畑の柱に取り付けられます。ここで使われる機械類は磨耗しづらく長持ちします。

良い知らせ

このシステムで作られる電気量はワイン作りに必要な量以上ですのでエネルギーの節約が出来ます。エネルギー危機が叫ばれるこの時期にこれは素晴らしいニュースです。つまり化石燃料に基づく一般電気への依存を減らします。費用もそれほどかからないもの大変魅力的です。すでに存在するインフラを利用しているわけで、そこに少し手を加えるだけでいいのです。その結果製造コストが抑えられて安く発電できるというわけです。さらに通常は使われない資源を有効活用することにもなります。つまりワイン作りが終わった後はブドウ畑は残りの間手付かずにされるのです。これを防いで資源の無駄をなくし有効活用する素晴らしいアイデアだといえるでしょう。

どうやってアイデアが生まれたか

発電方法の多様化と安く発電が出来るという点で素晴らしい動きです。経済的かつ実用的な独立したシステムを作り出そうと進められたプロジェクトで、風力発電といえば大規模で行われてきましたがこれはもっと小さい規模で行われます。この動きは「ミクロエネルギー発電」と呼ばれます。

どう適応させたのか

実際にメカニズムをブドウ畑に適応させるのはひと苦労でした。下調べをしっかり行って、デザインにおいてもかなり深い研究も行われました。それから設置・稼動・メンテナンスなどが実験されました。こうして自然のレイアウトで特別な修正が必要ないデザインが最終決定されたのです。見事なこのデザインはジェームス。ダイソン賞にもノミネートされました。

Today's Top Articles:

You may also like