Home Food @ja サステイナブル・シーフード

サステイナブル・シーフード

by Ecofriend1874

持続可能なシーフード運動における現状

持続可能なシーフード運動として知られているイニシアチブは、当初、世界の海洋生態系が過剰な開発により破壊寸前であるという認識から始まりました。この運動は1990年代に始まり、意識改革キャンペーンとエコ・ラベルによるソーシャル・マーケティングのシステムが特徴的です。産業やNGO、非政府組織の共同活動と同様にソーシャル・マーケティングにより、消費者は多くの種類の海洋生物を保護することに関する情報に基づいて購入を決定をする自由が提供されました。

プログラムとキャンペーン

持続可能なシーフード運動を活性化するために、エコ・ラベルのプログラムは、独立した第三団体が固定環境基準による生産工程を評価することを意図として開始されました。プロセスが、ある特定基準を満たしていれば、販売業者や生産者は商品の販売促進に使用するためにエコ・ラベルのライセンスを購入する権利が与えられます。このラベルは、製品が持続可能な方法で生産されたことを証明するものです。ラベルを付けることは、単に規制するためのツールではありません。消費者が環境によい製品を選択する際に、効果的に奨励する役目を果たします。生産者にとっては、利益を上げることができます。市場占有率を獲得するために、そして利益を増大するためにエコ・ラベリングのような環境に適した生産活動に参加する組織や会社が増えています。
sustseafood
持続可能なシーフード運動の意識改革キャンペーンは、海洋生物を考慮した製品を買うための教育と製品を推奨することに焦点をしぼっています。そして、シーフード・ガイドに従って、特定の種類の製品を買わないよういすることによって目標を達成します。このガイドには、消費する値があって環境にいかなる影響も及ぼさないことが強調されています。ガイドは、黄色、赤、緑の3つの主要カテゴリーに分けられます。このランキングは、魚の生息数、フィッシングプレッシャー、混獲、ギヤー・インパクトと管理に基づいて分けられています。赤は回避すべき海産物を表し、黄色は良い選択を表し、そして、緑は最高の選択を表しています。

シェラトン・アブジャ氏の役割

シェラトン・ブランド、そしてリゾートのスターウッド・チェーンとホテルの所有者シェラトン・アブジャ氏は、現在、持続可能なシーフード運動のパイオニアです。グローバルなリゾート・グループの主な確約は、変革のリーダーとなって、あなたのような顧客に対して、何十億もの人たち、そして次世代の人たちに、毎日の生活における食物としての海産物を供給し続ける環境を保護するために、正しい判断をしてもらうことです。

シェラトン・グループは、ある種の魚は、フィッシングによって絶滅の危険にさらされるか、事実上、既に絶滅した種もあると主張しています。また、現在のペースに基づいて、適切なアクションを今起さなければ、実行可能な商用漁業は2050年までに絶えてしまう、と付け加えました。
SDOFheadersustainableseafoodweeknew
意識を高めるシェラトン・アブジャ氏

2013年1月1日から、中東地区、アフリカ地区、そしてヨーロッパ地区のスターウッド・ホテルでは、ブルーフィン(マグロの一種)、クジラ、海亀、そしてサメのような絶滅の危機に瀕したシーフード/魚種をホテルで提供しないことを公約しました。当企業の上層部は、濫獲を防ぐためには、魚に対する顧客の意識変革が必要である、と主張します。持続可能な魚だけを購入することに決めることによって、絶滅危惧種の経常需要を減少させることができるのです。憶えておいて欲しいことは、賢く博識に選択して、あなたのまわりの人たちに無駄に魚を貯蔵することを減らすことを分かってもらえるようにすることです。

海産物の収穫に依存する様々なコミュニティーの経済活動を尊重しながら、海洋の健康を保護するためには、絶妙なバランスが存在します。この持続性は偶然的なものかもしれません。また、コミュニティーは、政府や観光産業、そして持続性のためによいステップを採用している組織と協力し続けることが必要です。

 

Today's Top Articles:

You may also like