Home Food @ja 袋入りサラダのほうれん草から病原体を取り除く強力超音波

袋入りサラダのほうれん草から病原体を取り除く強力超音波

by admin

袋入りサラダのほうれん草の葉やその他食用葉のクレンリネスは、非常に重要です。不衛生な緑葉によって、例えばアメリカで2006年8月に発生した腸管出血性大腸菌O157:H7といった災難が引き起こされるのです。こういった問題の解決のため、袋入りサラダの製造者は、従来の塩素系洗浄の代わりに、発展した洗浄方法にもっと頼るべきなのです。

High-Power Ultrasound Protect Produce from Pathogens.

主要有機栽培サラダ企業であるアースバウンド・ファームは、この点に関して、強力な超音波を使用して目覚しい発展を遂げました。洗浄剤の使用は有機栽培方法に当てはまらないため、同会社は、イリノイ工科大学の食品安全・衛生研究所と協力し、袋入りサラダの食用葉の病原体を洗い流すために強力超音波を使用する素晴らしい方法を発見しました。

新たなこの技術においては、その名の示す通り、強力超音波が緑葉に使われます。これによって、葉の表面は微小な泡でいっぱいになり、1秒につき何千回という速度で破裂します。このプロセスによって、強いエネルギー衝撃波は、葉の上の全ての病原体を取り除かれるのです。その後、残りの泡を取り除くために、葉の衛星洗浄が行われます。

アースバウンドのオペレーション・オーガニック基準の上席副社長ウィル・ダニエルズによると、この技術は間もなく工場で適用される予定です。これによって、私たちはよりクリーンで純化された袋入りサラダの食用葉を口にすることができるのです。食品安全・衛星研究所所長のロバート・ブラケットは、このテクノロジーの実験が成功したことに興奮しています。彼によると、強力超音波は、緑葉から病原体や汚染を取り除くのに最も最善な方法であるといいます。

Via: ScientificAmerican

Today's Top Articles:

You may also like