Eco PlasticsとCoca Colaがプラスチックボトルの未来を変える

使用後のプラスチック容器の再利用は不可能ともしも思っているなら、その認識は正しくありません。Eco Plastics社とCoca Cola社は共同事業としてリンカーンの北、ヘムズウェルで使用済みボトルから新品のボトルを製造することになりました。The Continuum Recyclingは再加工ボトルを作ることにより、未使用材料のボトルを作る時よりも二酸化炭素排出量を将来的に減らそうとしています。この工場ではボトル1本の再循環時間を6週間に設定することを目指しています。つまり、2012年ロンドンオリンピックの開会式で使ったボトルがパラリンピックの閉会式のために再利用できるということです。

Lincolnshire recycling plant

環境への有益性について言えば、この事業は毎年3万3500トンの二酸化炭素を節減して大気中への拡散を防ぐことになり、これは1万5700台の自動車を道路から排除することに匹敵します。ここ数年持続可能な容器の需要が急速に高まるなか、この取り組みは英国でのプラスチックの再生利用を推進する手助けとなるでしょう。この事業はリサイクルの課題に取り組むと同時に埋め立てごみの削減にも役立ちます。また容器が環境におよぼす影響を検討し、ボトルをはじめとする環境に優しくリサイクル可能な製品の使用を促進します。

環境保全が最近の世界の潮流となるなかで、このCoca Cola社の500万ポンドの投資は再生PET(食品等級)の生産量を現在の倍にするでしょう。今日の広範囲な持続可能性への企業の取り組みの一環として、この計画がCoca Cola社の再生PETボトルの割合をプラスチックボトルの25パーセントにすることは確実です。この取り組みがいかに環境保全および低炭素、ごみゼロ事業に焦点を合わせるうえでの重要な要素であるかが分かります。

Eco Plastics社とCoca Cola社が結んだ10年間の協定を経て、この計画は埋め立て地へ向かうごみがほとんどゼロになる日への道筋を示しています。そして再生ボトルの使用を通して環境保全とエコ商品の普及に貢献する機会を消費者に与えてくれます。

Via: Lincolnshire

Today's Top Articles:

Scroll to Top