最新の風力発電技術

再生エネルギーについてみてみるときには、風力発電が最も効果的な方法とみなされています。技術面でも多くの進歩によってクリーンで再生可能、省エネ効果も大きい電力をして注目されています。電線から最大限の電力を得るためには更なる開発が必須です。

風力発電機と電線をつなぐ新技術がスムースな電力供給には欠かせません。ここでは2011年版風力発電技術の数々をご紹介しましょう。

1.強風を確保するタービン

低地部ではいつ風がおきるか予測できませんが、高いところに行けばより確実に風を得られます。これを踏まえたのがこの発電機で、地面につながれつつも空に浮かび、風を集めるのです。マカニ・パワー開発した新技術で、デザイナーのコーウィン・ハーダムがエンジニアのケニー・ジェンセンやデーモン・バンドラーとともに凧の原理を利用して作り出しました。シンプルなこのアイデアで一般のタワー状の発電機ではなく空に浮かべるようにしたのです。プロトタイプは20キロワット容量の羽根が7枚式で、重さ130ポンドで28フィートの全長です。上空1300フィートでサークル状に旋回してエネルギーを作り出し、電線で送電をします。各方面から興味を示され、1800フィート上空での発電も検討されています。

2.風力発電の画期的デザイン

福島の東電原子力発電所の事件を受けて、九州大学の研究チームが考案したのは新しいカタチの風力発電で、原子力を捨ててこちらに切り替えたのです。彼らの考え出したデザインは従来のものとは一線を画し、省エネでもあります。ウィンド・レンズと呼ばれるこのデザインは騒音を減らす効果もあるということです。これはまさに発電業界の常識を覆すデザインです。

3.パワー・フラワー風力発電機

風力発電には広い土地と設備が必要となります。オランダのNL建築は木の形をした発電機を開発し、都市部での発電を可能にしました。パワー・フラワーと呼ばれるこの施設は複数のタービンを装備しています。最新のこのデザインは効率的に風力発電を行うことができますし、エレガントなデザインに騒音の減少の機能を持ち、4キロワットのエディタービンを3-12個組み合わせてあります。発電に加えて送電も行うことができ家庭用電源として大変実用的で有効です。

4.スカイストリーム600

スカイウェスト・ウィンドパワー社によって開発された新しいタービンのデザインです。先代のスカイストリーム3.7よりも効率性が上がりもっとも素晴らしい点はインターネットを通してリアルタイムで発電量状況がわかるスカイビューシステムです。このような各機能が関係者の期待を集めています。

5.トランスウィンド発電機

効率的な発電システムというだけでなく燃料を必要としない新しいカタチの移動システムです。グライダーがワイヤーによってタワーにつながっていて発電に利用されます。大きければ大きいほど発電量も増えます。同じワイヤー上を旅客用飛行機が同時発電される電力を利用して移動します。利用しなかった分の電力は電線を通して送電されます。これによって移動システムと発電が一体化できるのです。個々の旅客機・発電機は20世帯分の発電量が実現可能で一般風力発電の3倍の量の発電力があるということです。従来の燃料に頼らず風力を用いた省エネで限りなく存在する資源の利用をしたすばらしいエネルギー利用システムです

Today's Top Articles:

Scroll to Top