Home Recycling  E-waste Bikin:素材と認識を再利用してみました

E-waste Bikin:素材と認識を再利用してみました

by admin

芸術は解釈次第であり、芸術作品(あらゆる創作物においてともいえますが)をとらえる時には芸術家自身が意図する以上に作品の真の意味を探るという作業をそれぞれが行うため鑑賞する側の個性を示唆することが多々あります。ある作家が彼をとりまく世界のことを綴った物語を読めばその作家の意識がわかるように、たとえありふれた創作物についてでもその解釈によって個人の意識があきらかになるのです。‘E-waste Bikini’は社会が一般的に女性をどのような型にはめているかの象徴であり、女性はもっとテクノロジーにかかわることができるという象徴でもあります。それでもやはりこれは単に E-Wasteで作ったビキニなのですが。

Bikini Made of E-waste

Jennifer ShannonとAndi Cheungが制作したビキニはテクノロジー業界の女性たち、またはこの業界の女性不足に注目を集めるために生まれました。もちろん、この『ビキニ』の着心地の悪さや『ビキニ』を身につける女性がステレオタイプを打破できるのかといった疑問符をなげかける人もなかにはいるでしょうが、いったいロングコートの記事を読む人が実際何人いるでしょうか。彼女たちの意図はできる限りの注目を集めるところにあり、その点においては成功したといえるでしょう。

人間心理や社会的行動についての専門知識がないので、この問題については読者それぞれの意見にゆだねますが、このビキニによって電子・電気廃棄物は増え続ける危険物になりつつあることへの注目が集まりました。今この問題に取り組まなければ将来的には廃棄物製の衣服を着ることはないにしても大量の廃棄物の対処に追われることになるかもしれません。

 

Via: Treehugger

Today's Top Articles:

You may also like