Home Food @ja 節約術:生物分解性の包装フィルムが野菜の鮮度を2倍ながもちさせます

節約術:生物分解性の包装フィルムが野菜の鮮度を2倍ながもちさせます

by admin

食べ物を捨てなくてはならないという状況ほどひどいことはそうそうありません。経済的にというわけではなく、世界には適切な食事を得ることが困難な人がいるなかで貴重な食料を無駄にするべきではないからです。世界人口が急速に増え続け、農業用地には限りがあるという状況下では食べ物を無駄にはできません。英国では毎年平均720万トン、120億ポンド分もの驚くべき量の食料を廃棄しています。その他多数の国においても同様でしょう。この危惧すべき状況に挑む最新の包装フィルムがあります。

ackaging that keeps fruit and veg fresh

Tescoで販売しているJersey Royal ポテトの革新的な包装フィルムは、食材が熟すときに発生するガスを逃がす特質があります。このフィルムは熟成課程に出るガスとともに水分も逃がすため、カビの発生や腐敗を抑制します。そのおかげで果物や野菜を長期間、新鮮な状態で保存できます。

この包装フィルムの最大の長所は完全な生物分解性素材であるため廃棄方法に悩む心配がないことです。このような技術により食材を新鮮に長期保存できると、食材の消費期限が伸びることになり食料の無駄を大幅に改善できると専門家たちは確信しています。

 

Via: Dailymail

Today's Top Articles:

You may also like