ダム無しでも水力発電ができる?

知ってのとおり

もっとも一般的な発電法は水力発電です。何百年にもわたり実施されて最も普及している再生利用エネルギーなのです。その普及度はアメリカ国内で49%に及ぶシェアを見ても明らかです。では水力発電はどのようにして行われるのでしょうか?使用する水の量によりタービンの稼動力が変わってくるのです。

変化の必要性

水力発電は水が豊富な地域に適しています。現在は地球全体で21%のエネルギーシェアを誇り、一般にはダムを使ってタービンを回す水力を発生させます。しかし化石燃料に比べてエコではあるもののダムを建設するのにはお金がかかり、環境にもやさしいとは言えません。流れ出る水は洪水を引き起こしたりエコシステムに危険を及ぼしたりしますし、地形的にもバランスを崩す可能性も指摘されています。

次の動き

巨大貯水施設がもたらす危険性を踏まえて、ダムを建設しないで同様の効果が生み出せる必要が出てきています。幸いにもこれに解決を与えるべく様々なコンセプトが生み出されています。

1.水力動力テクノロジー

特長

ハイドログリーンエナジー社は流体運動学の原理をもとにしたタービンセットを開発しました。このタービンは低く位置づけしたり、内蔵ガントリーによって上に持ち上げられたりするので、メンテナンスが簡単で水の中にはいって行う必要がありません。小型ボートに乗ってオペレーションを行うこともでき、タービンごとに250キロワットの電力を発生することができます。

違いは

この方法での水力発電によって海洋生物に影響を与えずエコシステムのバランスを保てます。一般水力発電と違ってダムは必要なく、水の流れがあるだけで良いのです。

2.フリップ翼タービン

特長

シアトルのハイドロボルト社が発表したこの特殊タービンはダムを使わずに発電を行うことを念頭に置かれています。浅い水深のところでも発電ができるのが画期的で、より多くの場所で利用ができます。タービンは完全に沈みながら羽部分はセンターシャフトに押し付けられるようにして水流によって回転します。この技術によって4キロワットの電力を発生できるとされ、現在は異なるサイズのタービンを製作しています。

違いは

水路などの水深の浅いところでも使用できるため便利です。

3.フリーフロータービン

特長

オンタリオにあるバーダントパワー社が、リバーエネルギープロジェクトの一環として建設の必要ないタービンを開発しました。風力発電の要領で稼動し羽根はゆっくり回りながら水中の生き物を傷つけないようにされています。

違いは

この発電機は潮の満ち引きを利用しても発電できるようになっています。環境へのインパクトはゼロとは言えませんが、一般の水力発電よりはさらに安全です。

4.CAREエレクトリック

特長

ジョハン・ホフマンによって開発されたエコ発明です。これまでの自身の最新コンセプトのように、小型ボートに航路を確保し海洋生物を守りながらタービンを回して発電を行います。システム自体は流れの真ん中に設置され、羽根が水の流れを利用して回りながら発電します。一般発電機よりもエコでありながら発電量は90%の要領を確保しているということです。

違いは

一般水力発電機と違って年間を通して稼動することができ、スムースな電力供給を実現します。さらにオドロキなのはエコロジカルのバランスを保ち公共交通システムや商業用ボートにも邪魔にならないことです。

5.水力動力リバータービン

特長

新ネルギーコープとアラスカ電力会社のそれぞれによって作られたタービンで、現在はアラスカにある小さな町イーグルにおいて安全な水力発電方法として使用されています。羽根はゆっくり回転しますから、こちらも水の中の生き物を傷つけません。開発元によると25キロワットの電力が発電可能だということです。

違いは

海洋生物が豊富に暮らす地域において自家発電の可能性を与えてくれます。

Today's Top Articles:

Scroll to Top