Home 建築@ja 「ゼロネット・エネルギー・トレーニング・センター」で学習

「ゼロネット・エネルギー・トレーニング・センター」で学習

by admin

自動車を所有することが必ずしも自動車を運転できるとは限らないように、グリーンテクノロジーに関する知識は、必ずしもその適用性を熟練していることを示唆すとは限りません。今日の労働者は、明日にでもグリーンテクノロジーの訓練を受ける必要があります。これについては、インターン建築家のベス・パーシーさんが、「ゼロネット・エネルギー・トレーニング・センター」をコンセプト化しました。学習を通して研修員は環境関連技術を養い、また修繕することについて教えるセンターを作ることが示されています。

Zero-Net Energy Training Center

カリフォルニア州のロングビーチに計画されたトレーニング・センターは、エネルギーのネット消費をゼロにする設計を具体化しています。これは、環境に優しいエネルギーを生産する技術のコンビネーションを利用することにより、建物自体がエネルギーを生産することができるのです。ゼロネット・エネルギーの建物は、所要電力と同じかそれ以上のエネルギーを生成することを意味します。

学習はセンターを観察することにより速く促進することができ、キャンパスを散歩している間でも、労働者は何かのヒントを得ることができます。建物の適応性と建設に使われる材料により、全ては効率的なエネルギー効果となります。建設的な技術でさえ、建物がどれくらい環境にやさしいかについて決めることができる重要な役割を演じます。

しかし、エコに熱心な多くの人たちは、現在の建設のシナリオを変える長い道のりであるパラダイム・シフトを楽しみに待っています。ゼロ・エネルギー設計は、高額の燃料経費を削減することができ、同時に、生態学的不均衡の悪影響から地球を救うことができます。

Via: Behance

Today's Top Articles:

You may also like