ベスト・エコ設計の未来型住宅

住宅設計に関して個人が求める要素は、心の安らぎと安全なプライベート・スペースとしてのパンテオンです。しかし、現代の住宅建設を見ると、かなりの水準で二酸化炭素を排出しています。これに関して柔軟性やアクセスのしやすさ、そして環境への優しさを配慮した未来思考型な設計構想があります。重要なことには、そのほとんどは住居者用に最適化された快適さとプライバシーの確保が想定されています。

2050年の未来の家

完全な有機建築を定義すると、M&Aアーキテクト社の環境にやさしいデザインは、2050年の反ユートピア的な将来が想定されていました。未来は従来の資源どころか十分な水さえ無く、この不規則に形づくられた住居は、いろいろなエネルギーを発生する機能を持つ自立した居住形態になっています。太陽光とクリーン・エネルギーを自然に確保するために、壁には透明な太陽電池が組込まれ、そして、家の内側のU形によって風力発電が促進する仕組みになっています。さらに、建物の柔らかいスポンジのような本体は、飲料用に雨水を集めて濾過することができます。

Kombハウス

前出の「2050年の未来の家」よりも少しだけ実際的なこの未来型住宅は、イスラム風建築に影響を受けたカリーム・ラシードが設計したKombハウスです。現在のすべてのグリーン・テクノロジーが使用できる省エネルギー機能があります。この家にはソーラーパネル温水機やエネルギーの効率的器具、雨水や家庭雑排水の再利用、低エネルギーLED照明、床暖房などの機能があります。建築的見地から、外装はリサイクルされた木材で作られていますが、自然構造は完全なモジュールなので、どのような現場にも個々のコンポーネントによって組み立てることができます。

スマートハウス

まもなく宇宙に発射しようとしている未来のロケットのように見える10階建の建物は、空間的に建築物を設計するウラジミールパリポビック氏が構想したスマートハウスです。アクセスしやすい各階ごとは、寝室やキッチン、バスルームなどすべての現代のコンパートメントを備えた住居空間になっています。しかし、設計の主な機能は、その「スマートな」グラス・ファサードです。この高度なマルチ・レイヤーの外装は、クリーンな太陽エネルギーを利用するために透明な光電池が埋め込まれています。さらに、そのガス・フィルタリングとセルフクリーニング機能によって、コンビネーション酸化チタンと窒素が注がれます。

Cubolarハウス

アジア建築の影響を大きく受けたエドワード・カストロ氏のCubolarハウスのコンセプトは2050年に想定されました。しかし、見栄をはった未来住宅に執着するのではなく、その土地の設計の本質をベースとしています。大きな建物は、クリーン太陽エネルギーを確保するために、包括的な屋根ふき材を備えています。それとは別に、下甲板は雨水収集システムを取り入れています。この収集した水は、トイレや外回りに利用することができます。

オーキッド・ハウス

イギリスのサイレンセスターの近くの私有自然保護区の緑の豊富な環境の中に建築された、環境にやさしいオーキッド・ハウスは、贅沢であるべき姿を提示しています。価格は1130万9000ドルで、奇妙な「オープン・エッグ」形は、たくさんのエネルギー効率を特徴としています。これらは地熱のシステムのように、地下ポンプや自然源からの暖房装置などがあります。実際に消費するより多くのエネルギーを発生させることは贅沢ですが良心的な方法です。

Batteロナルドの環境に優しい家

環境に優しい家と名付けられたこの気取りのない家は、Batteロナルド氏が設計したもので、人類が利用できる古いけと環境に優しい建材を適切に使用しています。熱と電気絶縁性、そして固有の生物分解が可能な木の自然の長所を生かして、住居は単純化された木材の特徴を使用して作られています。また、建物は居住者の目的に応じて仕切ることができますが、自然な空気換気、更には無拘束な視覚的なつながりを改善するために、外部ファサードは垂直の空間で穿孔されています。

マレーシアのゼロ・エネルギー住宅設計

ラフレシア・ハウスと呼ばれるこの家は、その名前の通り、ラフレシア花の自然な美しさと広がりを受けて設計されています。Zoka Zola建築事務所が考案したもので、デザイナーは、建物の外装的な特徴と屋内のアクセスしやすさを調和させることを心がけました。これに関しては、開いたファサードのミニマリスト構造からお分かりになるでしょう。「グリーン」の正面は、自然の照明と換気を利用することによって全くのゼロ・カーボン・インパクトであることが売りです。

ココポ・ハウス

ココポ・ハウスは、実に壮大なオフグリッドさと贅沢な生活を融合しています。エンター・アーキテクト社によって設計されたこの家は、照明から熱いリラックスできるシャワーまで、多くの自然主義的な設備が備わっています。屋根ふき材は雨水収集システムが組み込まれていて、水は太陽電池を使用して加熱することができます。壁の設計は構造的に風の流れと全体的な温度を調整します。また、照明は省エネルギーのため低ワット量のLEDを使用をしています。

ローリング・ストーン

前出の贅沢な家とは大違いですが、ローリング・ストーンはコンパクトで低価格で、かつ実用的です。これはナイス・アーキテクト社が想像したもので、300平方フィートのユニットはそれぞれ、エネルギー、水そして廃棄が定義されたシステムを備えた自立型住居です。外装の材料はリサイクルされた缶から作られ、柔軟な建物は雨水を利用したり、太陽や風をリソースとして自家発電したりすることができます。最後に、収容人数は2人ですが、設計者によれば、6人まで調整が可能なようです。

Lumenhaus

Lumehausは2009年代のソーラー・デカスロンでバージニア工科大がエントリーしたものです。ゼロ・キネティックアート作品として、この800平方フィートの1ベッドルーム住居は、アクセスできるオープン・プランでした。しかし、もっと重要なことは、建物にバージニア工科大の固有の省略システムが採用されていたことです。この先進的な建築システムは、効果的な絶縁構成要素として航空機用ゲルのような知的な日よけメカニズムと、マイクロ温度調節器のような無数のユーザー・フレンドリーな機能があります。その他「グリーン」の機能として家庭雑排水再利用や雨水収集、床暖、エネルギーの効率的なLED照明、そして包括的な家庭用管理システム機能があります。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top