非食用バイオ燃料

交通機関の燃料のニーズは、バイオ燃料を使うとクリーンかつグリーンな方法で満たすことができます。バイオマスは、他の再生可能資源と同じように直接液体燃料に転換できます。汚染が進んでいる現代世界では、このような代替資源は祝福といえます。エタノールとバイオディーゼルは、現在最も一般的に使われるバイオ燃料です。燃料価格の急騰も、燃料製造の代替資源を模索するきっかけになった理由です。このせいで、原料の候補を探して植物の王国に分け入り、植物のあらたな種類を探しています。

ポンガミア・ピニャ-タ由来のバイオ燃料

ポンガミア・ピニャ-タはバイオ燃料が採れる植物です。ポンガミアの種実油の物理的な特性はディーゼルに似ていて、排気は従来のディーゼルに比べよりクリーンです。煤と有害な煙が出ず、周辺が清浄に保たれます。

クランベ:新しい再生可能燃料油の原料

ノースダコタ大学の研究者は、今までほとんど知られていないクランベに注目し、液体バイオ燃料が抽出できることがわかりました。この植物は、油の含有量が多い種であり、バイオ燃料の原料になりうると考えられています。

非食用ジャトロファ由来のバイオ燃料

ジャトロファは、食べられない植物で食用油でないジャトロファ油を作ります。バイオディーゼルの生産の材料となる可能性があるとして宣伝されています。この植物は、土地が少しでも成長し、食用油と違い耕作地を取り合わず、バイオディーゼルの重要な候補となります。

ヘンプバイオディーゼル

その他のサステナブルなバイオディーゼル燃料の候補は、産業ヘンプです。これは不毛な荒れ地にも育ち、耕作地を必要としません。ヘンプのバイオディーゼルは、研究所の試験を通過し、高効率に改良されています。雑草のように育つので、肥料もたくさんは要らないのだそうです。

スイッチグラスのバイオ燃料

消費するより作り出す方が多い、このスイッチグラスは、セルロースエタノールを製造するのに適した資源です。スイッチグラスからつくられたセルロースエタノールは、温室効果ガスを94%削減するという驚くべき効果が分かっています。スイッチグラスは、エネルギー効率が良いだけでなく、化石燃料への依存度を低め、温室効果ガスすら削減します。

サリコルニアからバイオ燃料

バイオ燃料の最新の可能性は、海水で育つサリコルニアです。これは海藻で、大量のバイオ燃料を製造する能力があります。魚のふんが栄養補給の役割をするので、肥料を与える必要がありません。

ゴミからバイオ燃料

際限のなく供給を賄うことを考えると、ゴミはまず挙がるものの一つです。埋立地に行くはずのごみを燃料源にするというアイデアはどうでしょうか?バイオ燃料は加工されたごみのバイオマスからも精製でき、ガソリンの代わりになることが研究者らにより確かめられています。これが排気を80%も削減します。

ジョージア:バイオ燃料に転換できる植物バイオマス

再生可能エネルギーを専門とする会社、Range Fuelsはセルロース系バイオ燃料になる植物を発見ました。これらは非食用のバイオマスからメタノールやエタノールを製造し商業的にも成功する可能性があります。メタノールは、バイオディーゼルでき、自動車の燃料にした場合は、汚染を削減することができます。

ディーゼルツリーのクローン

Chhandak Basu博士は、自動車にグリーンな方法で燃料を供給する、バイオディーゼルプロジェクトに携わっています。コパイバの樹は、オレオ樹脂をつくりだすことが分かりました。この樹脂はディーゼルと同じような特性を備えます。生物学の助教授である Basu博士は、コパイバの遺伝子をクローンし、草と海藻でこの遺伝子を培養しようとしています。この植物は、人類最大のニーズの解決に貢献するでしょう。環境を損なうことなく、ある場所から別の場所に移動することができます。

細菌類も非食用のバイオディーゼル資源に

今日まで、食用の油糧種子は、バイオ燃料製造の候補と考えられてきましたが、これらが覆る可能性があります。科学者たちは油の原料となる植物を探し、変動するバイオ燃料を需要を満たそうとしています。菌類さえ、環境に優しいバイオディーゼルを製造するために使えることを発見しています。しかもこれは低コストなプロセスです。燃料需要が高まることで、過剰使用されることで食用の植物の不足を起こすという心配も解消します。

Today's Top Articles:

Scroll to Top