エコフレンドリーな手巻きガジェット

 

電気や電池がないところでどのようにガジェットを動かすか、考えたことはあるでしょうか?手巻きガジェットは、クリーンでグリーンなので、近頃人気が出ています。電気と電池で動くデバイスの代替となり、そのためエコ意識の高いライフスタイルの人に良く合います。最もよいのは、手巻きガジェットの種類が増え、新しい時代の製品がこのシンプルな技術を設計に取り入れ始めていることです。

手巻きトランシーバー

 

電池の必要性を軽減した、この環境に気を使ったトランシーバーは、手巻きシステムを備えています。このキットは双方向ラジオは通信システムを2つ備えていて、バッテリーが窮地で少なくなってしまう心配もありません。トランシーバーの通話距離は3 km圏内で、家の近くで遊ぶ子供の様子を把握していたい場合に便利です。0.5W の送信電力と、200 mW の音声出力があります。充電できるリチウム電池が備わっていて、フル充電の状態で1.5時間の通話時間を提供できます。このデバイスの最も立派なところは、1分間巻き続けると通話時間2分を確保できるところです。

手巻き携帯電話充電器

 

携帯電話は飲み水のように欠かせないものとなりました。携帯電話の充電が切れ、コンセントも周りにない時にはどうしたらよいでしょうか?手巻き式携帯電話充電器が、このような緊急事態のためにデザインされました。電話の電池の充電は、数分間ハンドルを回して行います。それだけで、30分も話すことができます。 重要な電話をかけなければならないときには重宝です。

手巻き式LEDキャンプ用照明

 

31.83ドル(約2700円)で、手巻き式LEDキャンプ用ライトが買えれば、それはお買い得というものです。5つのLED照明と、2つのLED暗室灯を備え、日が落ちた後あたりを明るくします。限界まで巻き上げると、5つのLEDが4時間点灯し、暗室灯は48時間動きます。

懐中電灯で手巻き式iPodと電話充電器

 

手巻き式iPodと電話充電器と、緊急灯を兼ね備えたデバイスです。このエコフレンドリーなデバイスは軽量で、どこにも持ち運びできます。緊急用の小型電話充電器は、すべての電話と互換性があります。ポケットやダッシュボードの小物入れに入れておくこともできますが、この 3LED懐中電灯つき手巻き式充電器は、バッグの小さな仕切りの中に入ります。

手巻き式バッテリー

 

充電できる電池というコンセプトは称賛に値しますが、ガジェットが稼働できる正確な時間が分かりません。本当の問題は、特に旅行中には充電できる方法がないことです。こんな時は、手巻き式バッテリーが役に立ちます。手でねじを巻いて充電すれば、電池が使えるようになります。

手巻き式ひげそり

 

この手巻き式ひげそりは、ひげそりに必要な条件をすべて満たし、しかもクリーンでグリーンな方法です。PowerPlus Piranha手巻き式ひげそりは、充電に電力ではなく筋力を使います。ただ巻きあげ、内部の機構がエネルギーを生成し、すぐにひげがそり上がります。

Freeplay EyeMax ラジオ

 

Freeplay EyeMaxラジオで懐かしい時間を過ごしてみませんか。好きなラジオ局で、筋肉を使って電池に充電するか、太陽エネルギーで充電できます。サステナブルなデザインで、手巻き、充電池、ソーラー電力の3つから選べます。しかし、ラジオはどのくらい動くのでしょうか?30秒巻くだけで普通の音量で35分間ラジオを動かせます。これは大したものでしょう。

手巻き式リモートコントロール

 

これで、リモートコントロールを使おうとしたら電池が切れていた、ということはなくなります。手巻き式リモートコントロールの特徴は、底についているクランクをほんの30回巻きあげるだけで、1週間ほど動かすことができるということです。電池切れの時に近くの店に買いに行かなくて済みます。これは手巻きリモートコントロールのおかげです。

Freeplay製手巻きSherpa Xray懐中電灯

 

このXray懐中電灯は、手巻きのガジェットで、環境にもお財布にも素晴らしい効用があります。透明なケースが、見た目にも良く、巻くと筋肉のエネルギーを照明に変えます。この電灯は電池切れやどこかわからない場所で車の故障した場合などには大助かりです。

Sustailコンセプト手巻きマウス

Sustail手巻きマウスのコンセプトはかわいらしい見かけです。電池が独立したマウスは、手巻きの技術で再充電できます。クランクが回ると手巻きの要領で電気を製造します。ねじは底に取り付けてあり目立ちません。

Today's Top Articles:

Scroll to Top