科学者達がバイオ燃料植物の遺伝子マップ作成を急ぐ

アメリカとイギリスのウェールズの研究チームが、「miscanthus」と名付けられた、バイオ燃料植物遺伝子マップを早期に完成させるプロジェクトが進行中です。その植物は、10フィートの高さまで育つことができ、南アジアやアフリアで自生しています。その植物は同時にエレファント・グラスとも呼ばれ、二酸化炭素を吸収する能力がありますが、広大な規模で育てるにはコストが高いのです。研究者達に希望をもたれる点としては、この植物の遺伝子的な相違を知る事が、より簡単で商業的利用の可能性が大きくなるとのことです。

Bio-fuel genetic map breakthrough with miscanthus.

Miscanthusはとても浅く根付き、他のバイオ燃料植物に比べても1ヘクタールあたりの収穫が高いエネルギーを生み出すのです、それはつまり、収穫後の廃棄物が土の中に浸透されないので土地を汚すことがありません。いま現在において大量生産は不可能ですが、20年程後には、小さな規模での発電をするための植物としてヨーロッパ全般で育てられていることでしょう。アメリカのカリフォルニア州にある植物バイオ燃料会社のCeres and the Institute of Biological, Environmental and Rural Sciences(Ibers)は、このプロジェクトに協力しています。このプロジェクトは、Miscanthusからバイオエネルギーを産出する、大きな突破口を供給することが予想されます。また、将来にはこの植物の早期育成の方法を発明するでしょう。

遺伝子関連植物の収集は、Aberystwythチームによってなされ、それによってDNAはCeresによって分析され、そして継続的に調査されます。数千もの遺伝子上の差異は、マーカーと呼ばれ、遺伝子状のアルファベット、つまりその植物と遺伝情報をその作物をより良いものにするために使われるのです。

BBCより

Today's Top Articles:

Scroll to Top