アメリカ、中国のソーラー輸入の関税を修正

将来もっとも効果的で効率的な代替エネルギーモードのひとつは、太陽エネルギーである。同様に、国内のソーラーパネル使用を促進するために、アメリカは中国のソーラー会社に対して30%以上の輸入運賃を新しく設定した。北京とワシントンとの現在の貿易衝突により、米国商務省はアメリカベースのソーラー会社を推進することを駆り立てた。本省の職員は、中国のソーラー製品の大量流入が国のソーラーパネルの価格に不適切な影響を与えていると主張する。このことはビジネスから多くの再生可能なプレーヤーの引き金を引くこととなった。

U.S. sets new tariffs on Chinese solar imports

中国の会社の多くは、このステップに対し、これはクリーンエネルギー源のコストを増大させ、環境にやさしい製品を購入するユーザーを落胆させることになると考え、反対している。貿易弁護士であるWhite & CaseのScott Lincicome 氏のように、中国はこの決定に批判し始めている。世界市場の60%以上を占める中国のソーラー会社の消費者のほとんどは、ヨーロッパやアメリカの補助金付き市場を歓迎している。

アメリカの支配により、6.7%を獲得したFirst Solar社のようなアメリカ資本のソーラー会社のシェアが増大している。中国のソーラー会社は、世界競争は再生可能なエネルギーのコスト削減にきわめて重要な役割を果たしていると述べている。このような代替エネルギーのモードは、自然ガスや石炭のような再生不可能な資源と競争するために政府の補助金に頼っている。かつてないほどに増加の一途をたどるソーラーパワー使用の必要性とともに、世界のすべてのソーラー会社は商戦を回避したがっている。革新や競争により、大量に自然資源を利用可能にするような成功するメカニズムがさらに生まれ、新しい道が開けていくだろう。

 

 

Via: MoneyControl

Today's Top Articles:

Scroll to Top