古本で作られた驚くべき3Dの彫刻

もう使うことのない古本は、倉庫に何年も保管され、結局塵をかぶるだけです。しかし、現代芸術家のガイ・ララミー氏は、紙に関して異なる概念を持っています。今までの30年間以上で、彼は本から不思議な3Dの彫刻を作っています。彼の作品は、主として山脈や氷河、高原、谷などのロマンチックな景観を作成します。

Art Carved Out of Books

ガイ氏は学際的な芸術家で、ステージ作家や音楽の作曲家、歌手、彫刻家、画家などとして働いた経験があります。

彫刻を作成するために、まず本をクランプします。ガイ氏によると、本をクランプすることによって木材と同じくらい固くなり、そのため作品は長時間長持ちするそうです。彼は、サンドブラスター、タールなどに加えて木に彫刻をするために使用する標準的な電動工具をすべて使用します。彼が作成する作品のすべては、公表していないちょっと変った技術を用います。

彼の絵画から分かることは、単純で簡単に表現されているように見えるものが、実際は複雑であるということです。そのため、だれもガイ氏のやっている事を真似することができません。彼のすべての作品の中で、最も顕著なものは「グレート・ウォール」や「未知の暗黒(クラウド・オブ・アンノーイング」、「望みの崩壊(ワック・オブ・ホープ)」などです。

Via: Gooddesign

Today's Top Articles:

Scroll to Top