Home Uncategorized Solar3D、3D技術によりPVより高効率

Solar3D、3D技術によりPVより高効率

by admin

太陽電池の製造会社は、何年も従来のパネルより多くのエネルギーを生産することができる効率的な太陽電池を模索しています。Solar3D社は3次元の太陽電池技術の開発によりその突破口を開き、直射日光から電気への変換を改善することでしょう。同社は完全なシミュレーション分析を終え、従来の太陽電池と技術を比較しました。その結果は、Solar3Dは現在市場に出回っている太陽電池より200パーセント多く電力を生産することができました。

Solar3D’s New Tests Reveal Game Changing Solar Cell

ウエハー・シリコン・セルの草分けとなるSolar3Dは、3次元の設計によって2つのユニークで強力な特徴があります。それは高い変換効率と広角度による光の収集力です。セルは、冬場や太陽がそんなに輝いていなくても、より多くの光を吸収できるように広角度に設計されています。さらに、電子に変換されるまで光子がまわりで振動して、光起電力微構造の内部の日光を捕らえることにより、発電を最大限にするための別の3D設計がされています。これらの機能は並外れた性能を1つにまとめて太陽電池へ伝達する設計になっています。

太陽電池が直面した大きな問題は反射です。従来のセルに日光が入射角外から当たると、光子は反射してしまいます。さらに悪いことに、日光が入射角の範囲内でない場合は、従来のセルはそれほど効率的ではありません。

Solar3Dの設計は、このような問題をほぼ解消することができます。Solar3D社は現在、シリコンの使用により3D太陽電池のプロトタイプを開発しています。以前に太陽電池の先駆者は、カドミウムのような高価な材料を利用したため、PVの現実化の可能性と生産量が多くありませんでした。しかし、Solar3Dは、豊富にあるシリコンを使用することにより、太陽電池の生産をより実行可能にするだろうという見解です。

多くの太陽光発電の会社は、シリコンを自分のPVに使用することで、今のところ、どれほどSolar3D技術の効果が出せるかを研究しています。

Via: Marketwatch

Today's Top Articles:

You may also like