天災に勝つ:サステナブルな住居ソリューション

天災が突然やってきても、備えがあれば安心です。死傷者や破壊される建物などは別に、天災によって多くの人口が移動を迫られることになります。これらの人々はどこに行き、どこで暮らすのでしょう?この問題に対処するため、私たちは10の住居構造に注目し、自然の猛威が襲った後のサバイバルに役立てたいと思います。

• HOMErgent

HOMErgentは緊急避難用の仮設住宅で、最小限の労力で設置できます。ヘキサヤート風のユニークなデザインのHOMErgentは、 平らにたためるデザインなので、被災した地域に素早く発送することができます。従来のテントと違い、HOMErgentは約20年もち、必要に応じて再利用するには最高の提案です。これを真の意味でサステナブルにするため、太陽光、風力、地熱発電装置を備え、住民のニーズにも応えます。すごい発明ですね!

 

• Water Shelter

お次は、Robert NightingaleWater Shelterをご紹介します。Water Shelterは、当初洪水が起きやすい地域で役立つように設計されました。この住居のユニークなところは、震災支援のすべての局面で、被災者を助けることを主眼にしています。住居を提供するだけでなく、移送中にも簡易的な避難所にもなります。そういう点では、飛行機から安全に投下することもできます。住居は、飲み水や衛生管理に使う水を賄う最終システムを備えています。 こうすることでWater Shelterは、リアルタイムの使用に対して実用に耐える多目的なデザインになっています。

 

• Uber Emergency Shelter

非常時にスタイルなどをかまう人はいないと思いますか?はずれです!デザイナーであるラファエル・スミス氏は、スタイリッシュにも見えるサステナブルな緊急シェルターを思いつきました。Uber Emergency Shelterと検索してください。その名前の通り、このシェルターは実用的であるとともにスタイリッシュでもあります。この構造は、サステナブルと呼ぶにふさわしく、ソーラーパネルを屋根に搭載しています。さらにリサイクルと再利用が可能な素材で構成されています。シェルターは多層で圧縮された形にたためるので、移送もごく簡単です。

• Sphere

災害が襲った地域には、サバイバルそのものも難しいことです。災害時にさえプライバシーを保護するシェルターです。Sphere 災害が襲った地域には、サバイバルそのものも難しいことです。災害時にさえプライバシーを保護するシェルターです。shelter全体もリサイクル可能です。

 

• Amphibious House

地球温暖化は本当の問題で、沿岸部の人々は、住居が水没してしまう危機にひんしています。Waterstudio の解答は Amphibious houseです。この家は、乾燥した気候の間は普通の家です。ただひとたび洪水が来ればAmphibious Houseは浮く家に変身します。これはどのようにして可能なのでしょうか航行可能な核が基礎の部分にぴったりと設置されています。流されていってしまわないように、鋼鉄のケーブルが、一つのところに家をとどめます。とっても便利ですね。

 

• Pallet House

Pallet Houseは、建設方法と可動性を除いては従来の家と何の変わりもありません。アジン・バリーとスーザン・ワインズのデザインによるI-Beam Designは、リサイクルされた輸送用パレットからこのPallet Houseをつくりました。さらに、Pallet Houseは設置の時間がほとんどかからないので天災時の備えには理想的です。必要に応じて、既存の構造の上に従来の建材を使うことで、恒久的な住居とすることもできます。とどめに、家全体もたったの500ドルで建てられるのです。これは買いです!

 

• Recovery Shelter

マシュー・マローン氏は、自然災害においては時間が勝負だということを知っています。そこで、Recovery Shelterを考案しました。このシェルターは、悪条件でも素早く建てられ、貴重な命を救うことができます。ポリプロピレン100%でできたRecovery Shelterは非常に軽量で4人を収容できます。このラディカルな見かけの建物は、雨水を採集する畝もついています。これぞ、賢いデザインです。

 

• Cocoon Emergency Shelter

キャンプやハイキング、登山に来た人などにもお勧めです。この cocoonは、ジョン・モリアティー氏の設計による小さな避難所で、強い地盤があればどこにでもつりさげられます。本質的には、救援がくるまで、被災者が快適に温かくすごせるようにするものです。このコクーンの原料である保温効果の高いファブリックのおかげです。被災者の体温がこれで保たれます。過酷な環境でも貴重な命を助けてくれると思いますか?確実にそうです!

 

• Folding Bamboo House

何年にもわたって、熱帯地方の人々は、家に竹を使ってきました。さらに、どこにでもある竹が、デザイナーが手を加えることで、緊急避難用シェルターに変身します。デザイナーの主力、ミン・タン氏は、竹の柱にリサイクル紙で作った屋根を載せました。もっとも大きなBamboo Houseの特徴はたためて、移送が簡単であるということです。すべての自然なものと同じように、この家も完全にサステナブルでリサイクルできるソリューションです。そして自然災害時にも避難所になります。

 

• In-Habit

 

初見では、In-Habit は普通のキャンプ用テントのように見えます。近づいてみると、シンプルなテントとは違う点が見えてきます。In-Habitは、デザイナートッド・クレイマー氏の作品で、捨てられればプラスチック公害になってしまうペットボトルをリサイクルして作っています。ソーラーパネル由来で低電力高輝度の OLEDを照明としています。テントの中は保温性が高い素材でできているので、暖かく過ごせます。雨水や夜露を広げられるバッグに集めて、水洗用に使うことができます。それだけでもアピールが足りないという方には、In-Habitが非常に軽く、持ち歩くこともできるという点もご覧ください。In-Habitを形容するのに素晴らしいという言葉では足りません。

 

 

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top