リサイクルのスポットライト:廃棄された産業部品が新しいランプに

現在のアーティストとデザイナーは、リサイクル・再利用の技術を日々より巧妙に作品に取り入れるようになってきています。これは、世界中で急速に広がりつつあるトレンドで、グリーンな精神のある消費者が増えていく中で、エコフレンドリーな性質を盛り込んだ精巧な作品の需要は増えています。カナダのデザインスタジオCastorは、古く廃棄された産業部品をなめらかで人間工学にかなった新しいランプに変身させ、大きなヒットになりました。

Designers Transform Factory Parts Into Fancy Lighting

Castorのデザイナーが入手した古い産業部品は、照明の廃工場から入手したものです。実際、この部品のほとんどは箱詰めされ、30年ほど放置してあったものです。Castorがどのようにしてこれを見つけ、プランを立てたのかは分かりませんが、これらの古い部品は、ミニマルなモダンな家にぴったりなまもなくスタイリッシュな照明に変わりました。

もちろん、そう意図するだけならば簡単です。難しい部分は、各部品を成形し直しつくりなおして、新しい面を引き出し、興味深い新しいパターンを創作することです。古い部品を溶接し変形させるのが課題でしたが、Castorが素晴らしい仕事をしました。この特別なスクラップを使い果たしたらどうするのでしょうか?カナダ国内にも世界にも使えるものが充分にあるでしょうから、安心です。

出典:Fastcodesign

Today's Top Articles:

Scroll to Top