Home エコフレンドリー フェイスブックをエネルギー使用量を比較するプラットフォームに使う

フェイスブックをエネルギー使用量を比較するプラットフォームに使う

by admin

2009年の終わり頃、オーパワーと言う会社についての記事がありました。出来る限り少ない電力を消費者に使用させようと、行動科学とデータ分析を合わせて異なる方法を見つけ公益企業を手助けをする会社です。システムは電力会社が請求書を送るのを助け、消費者其々の電力使用をその隣人と比較しました。効率的に使用したユーザーにはスマイルフェイスで飾られ、そうでないユーザーにはしかめっ面が送られました。

On Facebook, Some Friendly Energy Rivalry

このコンセプトの背景にある考え方は、正確な情報が行動を変える訳ではなく、情報が仲間の圧力を作り出すという方法を用いています。オーパワーは、心理的な繋がりのようなものを作り出すためにソーシァルメディアの助けを借りています。

この会社は人気ネットワークサイトのフェイスブックとエネルギー保全支持者や天然資源保護協議会と共に新しいアプリケーションを開発しリリースしています。 16の公益企業からサービスを受けている二千万世帯以上のこれに関心をもつ個人が、フェイスブック上にどれだけのエネルギーを消費しているかを投稿することが出来ます。このオプションはニューヨークやカリフォルニアまた他の州からもアクセスすることが出来ます。

オーパワーの創設者アレックス・ラスキー氏は、新しいアプリはサインアップすれば誰でも、地方公益事業を介してフェイスブックの自分のページに電力使用量を自動的にアップロードすることが出来、これをするように仲間も誘うことが出来ると述べています。そうする事で、其々のエネルギー節減への努力を比較する事ができます。アプリはまた、コミュニティーのサポートフォーラムでどのようにすれば良いかの情報やヒントを共有することが出来ます

スマートメーターが設置された各世帯では、エネルギー消費に関する情報が極めて包括的に、コンピュータモデルの助けを借りて影響を受けそうな湿度や天候等のような他の不合理な要素も取り入れ、ユーザーは消費するエネルギー量を比較することが出来ます。

Via: ニューヨークタイムズ

Today's Top Articles:

You may also like