Home Uncategorized 高性能電気自動車 チャージあたりの走行マイルさらに向上

高性能電気自動車 チャージあたりの走行マイルさらに向上

by admin

地球温暖化と気候変動という対をなす課題に直面するなか、人間は大気中に放出される二酸化炭素の量を削減するべく、いくつもの新たな方法を毎日ように考え出している。そして輸送手段はそのことにとても大きく関わっているのだ。大量にガソリンを消費する乗り物は温室効果ガスの発生源になっているが、人間の消費にかかわる他のどの手段と比べても同じくらい多い量だ。そこで輸送手段をクリーンにグリーンにするために、自動車会社各社はほとんど毎日のように新しいコンセプトの電機自動車を発表している。これらの電気自動車は自動車部門で創り出されている環境に優しいテクノロジーを紹介するばかりでなく、燃料補給コストに関しても、出費を大幅に抑えることを実証している。私たちがここでお話するのは10台のそういったエネルギー効率のよい電気自動車だ。そういった車は燃料補給にかかる費用を節約できる。ですから、あなたは思わず微笑んでしまう。と同時にあなたの「グリーンランク」もアップすることになる。

The customized Daihatsu Mira:

日本の自動車会社ダイハツ工業につくりあげられた「Mira」は一回の充電で走行した距離が最も長い車として最近世界一記録のギネスブックに登録された。走行距離は623マイルと度肝を抜く数字を記録した。その記録を塗り替えた車は日本電気自動車クラブ(JEVC)による特注車だった。これは工場生産のMira ではなくJEVCによって特別に組み立てられたバージョンなので多分一般の市場では買うことはできないだろう。カスタム仕様のミラは主にSanyoの8,320個のリチュームイオンバッテリーで構築されている。日本の茨城県下妻市の筑波サーキットで作られた記録は平均時速23マイルで27時間30分かかった。

Electric Luxgen Neora:

Neoraのコンセプトカーは今年開催された上海オートショーで台湾の自動車メーカーKuxgenが公にした。Neoraのすべてのパワートレインは180kW電気誘導モーターにより作動し、前輪駆動システムを採用している。装備している48 kWhリチュームイオンバッテリーはたった1時間で最大容量の80%までの充電が可能で運転距離は最大で400kmだ。Neoraの車重量は1600Kgで、6.5秒でゼロから62mphに加速し、最高速度が毎時155マイル(250kph)のマシーン性能がある。

The Lightning GT all electric sports car:

昨年の英国モーターショーでベールを脱いだLightning GTのコンセプトカーは10分の充電で200マイルの走行が可能といわれる。このGTは米国に拠点を置く企業Altairnano社製造のナノチタンバッテリーを装備しており、最大トルク553ポンドフィート、総合出力643馬力を生成できる。GTのマシーン性能がフル稼働すれば、4秒でゼロから時速60マイルに到達し、最高時速130マイルが実現可能となる。

SIM LEI by SIM-Drive:

日本の自動車製造メーカーのシム・ドライブが開発した小さなSIM LEI電気自動車は一回の充電で200マイル走行可能だ。一方、毎時62マイルの一定速度で走行した場合の走行距離は約190マイルとなる。SIM LEI がこの距離をカバーできるは24.5kWhのバッテリーのお陰だ。また、4.8秒でゼロから時速62マイルに到達する。


Delta E-4 Coupe all electric sports car:

Delta E-4は一回の充電で200マイル走行できる。E-4のパフォーマンスは今の数ある従来型のスポーツカーと比較してみると明らかに優れていることがわかるだろう。最高時速は150マイル、4.5秒でゼロから時速60マイルに到達する。

Modified Audi A2:

この車はオモチャのようにみえるかもしれないが、見た目に騙されてはならない。こいつは実にパンチがある車なのだ。この改良をくわえたオール電化のall electric Audi A2は普通車の世界距離記録を打ち立てた。一回の充電で600マイル走行したのだ。

BYD E6:

中国広東省のBYD AutoのE6 fully electric vehicleは一回の充電で250マイル走行可能だ。この車は2008年の北京オートショーで発表された。E6は5人乗りで0-60の加速率は約10秒で最高時速は100マイルだ。E6のバッテリーはBYD独自のリチュウムイオンリン酸鉄の技術がベースとなっている。

Tesla Roadster:

ここにもう1つの距離記録をものにしている電気自動車がある。2人の電気自動車愛好家、Simon Hackett と Emilis Prelgauskas、が運転したのだが、オール電化のTesla Roadsterは一回の充電で501km走行した。走行している間中、一定した運転速度、時速55kmを保ち続け記録を打ち立てた。

Artega SE (Sports Electric) sportscar:

Artega SEは「通常の走行条件」下で一回の充電で200マイル以上走行することで知られる。車の動力源はトータルで16個ある交換可能なリチュウムイオンバッテリーモジュールで、それぞれのモジュールには12個の電池が格納してある。バッテリーはトータルで37KWhを生成し、公証電圧は350Vだ。最高速度は時速155マイル(250kph)、ゼロから時速62マイル(100kph)到達に要する時間は4.3秒だ。

The Nissan Esflow concept:

 

Nissan Esflowはオール電化のコンセプトカーで走行距離は一回の充電で150マイルを確保する。この車の動力源は新しいEsflowコンセプトカーのボンネット下で左右の車輪をそれぞれ単独で制御する一対の80kW (107hp)電気モーターだ。Esflowは最高時速150マイル(240キロ)で走行する。将来、確実に車好きの「青い目をしたベイビー」になっているだろう。

 

 

Today's Top Articles:

You may also like