輸送機関@日本語

ディーゼル車の新しいガイドラインと技術が排気ガスを95%削減する

ノースカロライナ州立大学のクリスフレイ博士と彼の博士課程の生徒ガーダス・サンドフは、どの様に排気ガスのガイドラインは急速な技術の発展と共に改善されたか、ディーゼル車を使って道路上の排出されるガスを削減出来ているか公開実験しました。トラックに取り付けられた小型の排気ガス計測システムによって、古いトラックと新しいモデルのトラックが排出する粒子状物質と窒素酸化物(NOx)の量に認知できる違いがあるのかを観察する研究をしました。

フィスカーの「アトランティック」:プラグイン・ハイブリッドシリーズの詳細発表はまだ

今週ニューヨーク自動車ショーでデビューするフィスカーの「アトランティック」はその機能や詳細の多くを、スパイ行為から自衛してきました。その最初の姿はチェコのウェブサイトで明らかになり、その画像のライセンスプレートには「アトランティック」の名前がありました。デジャブを見たように、その車の外観はアトランティックの画像の下に並んでいるフィスカ―の「カルマ」とそっくりです。

北米企業は徐々に環境に配慮する企業団体へと向かう

今、世界の大規模な複合企業の多くが相当量の温室効果ガス排出に貢献するかもしれません。このような巨大商業帝国の一部では新しい道義的傾向があり、実際この傾向はこれらの巨人達の間で『環境に配慮した』企業団体として認知を得る競争の様になり、長期に渡る企業の持続的イメージを高めようとしています。

エボルブ電動2輪車が環境に適応するサターナのシステムを搭載

数日前、車載無線技術とLBSの開発をしているサターナはGPSで位置確認サービスを提供している会社ですが、サターナの無線回路システムをエボルブ製電動自転車 とスクーターに搭載して米国で生産する契約を締結しました。そしてこのシステムはエボルブの2013年モデルに適用され、初めてOEM電気スクーターの生産ラインにテレマティックスとLBS装置が設置されます。

スマートドライブシステムは運転技術を向上させ燃費効率を18.7%改善

スマートドライブシステムは重要な分析器の一つで、公共交通機関の研究やより効率的な輸送や燃料削減措置のアウトラインを作る時に役立ちます。最も最近のプロジェクトは、公共交通システムの研究と運転技術の向上が燃費とサービス向上に如何に変化を与えるかを観察する事でした。広範囲な実地調査を行い、運転手に運転手法を変えるように依頼すると燃費に変化があり、運転の習慣を変える事によって燃料効率は18.5%改善されました。

Scroll to Top