地球温暖化と戦うには

地球温暖化は今や大問題となっています。気候パターンが変動するのは世界中でありうることですが、大気汚染に伴うこのような急速な変化には自然は対応しきれません。その結果、気温の上昇・氷山の溶解・野菜や動物への悪影響に加え、穀物の生育が妨げられたりなど挙げだしたらキリがありません。これに対処するには実際に対策を練らなくてはいけません。ここではその対策トップ5を挙げてみましょう。

減らして・再利用して・リサイクル

この3つの活動を実践することで汚染を防ぎ、温暖化防止をコントロールすることが出来ます。ゴミを減らすにも必要なものだけ買えば良い訳で、そのほかにも紙の使用を減らしたり化学製品の入っていない商品を買ったり食べ物の無駄を減らすことも効果的です。リサイクルと再利用も重要です。リサイクル可能なものはたくさんあるのですが実際にリサイクル処理場までたどり着いていないのです。紙・タイヤ・電子機器・プラスチック・ボトルや缶に木の製品などが多くリサイクルされています。政府も積極的に国民にリサイクルの意識を植え付けるよう努力する必要があります。家庭のごみをリサイクルすることで、年間3000ポンドもの二酸化炭素を削減することが出来ます。また一般家庭では生ゴミを分解して処理するようにしたり、会社でもリサイクル可能な製品を使うことで二酸化炭素の大量発生を防ぐことが出来ます。

車の使用を控える

飛行機や船を含めた20億台もの乗り物が世界中で使われていますからそこからどれだけの二酸化炭素が大気に放出されているか想像に難くありません。この乗り物からの汚染が急速な気候環境の変化の大きな原因の一つです。ですから自家用車の運転を控えてなるべく公共の乗り物を利用するか、短い距離ならば自転車で移動することもいいでしょう。環境にもやさしいだけでなく体の健康にもうってつけです。また賢い運転というのは燃費の良い車やハイブリッドカーを選んだり、タイヤの空気圧を均等に保つことやゆっくりと加速したり信号待ちの際はエンジンを切ることなどが挙げられます。こうすることで有害ガスの発生を抑えるだけでなく、車の走行距離を抑えて状態を良好に保ち経済的にも助かります。

木を植える

世界中での需要に伴いたくさんの木々が伐採されています。木はその生涯を通して二酸化炭素を吸収してくれるため、このことは環境には大きなダメージです。最近では森林や都市部でも家具を作ったり建築用に使用したり、スポーツ用品用や暖炉用としても多くの木々が切り倒されています。したがって木を新しく植えることは環境変化への対策としては一番です。木は二酸化炭素を吸い込み酸素を吐き出しますから人体の健康にも効果を発揮し、降水量も増やします。世界各国で意識革命の動きはすでに始まっており、植林もどんどん奨励されています。したがって違法森林伐採などは厳しく取り締まられるべきです。

電力エネルギー節約

電気は人類の最大の発明で、電気無しでは暮らしていけませんがこれがかえって人類を苦しめていることにもなっているのです。電気消費量は日増しに増え続け、それに伴い環境汚染に繋がっているのです。使っていないファンやライトはスイッチを消し、水の元もしっかり閉じるようにするよう心がけましょう。また電球もLEDやCFLを使って電力消費を減らし、必要の無いエアコンや暖房の使用も避けましょう。

代替エネルギー

従来のエネルギー資源の代わりを見つけるのが二酸化炭素ガスを減らし環境変化をとどめる最適の方法です。現在は石炭を燃やし原子力発電に頼り、ガソリンを燃焼させてエネルギーを発生していますが、例えば代わりに太陽電気・水力や地熱・生物ガスに風力などを利用していくことも大切です。今や多くの国々がこれらのクリーンエネルギーの実用化に向け投資をしています。再生継続利用可能のエネルギー資源から作られる電力は従来の方法に比べて小さいため、需要の大きさに供給システムが追いつかないのが現状です。しかし将来的には多くの製品がこの再生利用エネルギーを使って生産されるのは間違いありません。それによって大気汚染を無くすだけでなく生産コストも削減できるのです。

Today's Top Articles:

Scroll to Top