エコシステムに最適な生物分解性容器

エコシステムに対する危険が迫る中、生物分解可能な容器の必要性が全世界で高まってきています。人々の間に危機感はあるものの、まだまだエコシステムに好影響を与える生物分解可能容器に対する認識を高める必要があるのです。通常の暮らしでは私たちは自然界にとても悪い容器を使っています。ビニール袋などはその好例で、そのほかにも缶・プラスチックボトル・紙コップなどもリサイクルできなければエコシステムに悪影響を及ぼすことになります。

したがって、これらにかわる生物分解可能容器を毎日使用することが必要になります。生物分解可能容器は自然素材からできているため、簡単に分解できリサイクルにかかるエネルギーもそれほど使わずに済むため、より素早く効果的な再生利用が可能になります。また、有害物質も発生しません。生物分解可能プラスチック容器は電子レンジ使用可能で、冷凍庫にも入れておけて華氏120~200度まで耐えることができます。このようなわけでプラスチックに変わって生物分解可能容器の使用を是非検討すべきです。

エコシステムを保護するのに最適な生物分解可能製品はたくさん出ていますが、そのなかから5つピックアップしてみました。

代替プラスチックボトル

飲料水ボトルは現代の生活には欠かせないものとなっていて、プラスチックのボトルが最も良く使われています。そこでエコシステムの保護の観点からは代替品の必要が出てくるのです。生物分解可能な製品としてはステンレスやアルミニウムのボトルが挙げられ、バイオフレンドリーボトルなるものも多くのメーカーから販売されています。カナダのレッド・リーフ社はその代表格です。

代替プラスチック/紙コップ

ピクニックやパーティでは使い捨て紙コップやプラスチックコップがとても便利がられます。さらにこれらは世界中のカフェやアイスクリームショップなどでも相当の量が使われています。しかしいったん廃棄されたあとは多くが埋立地行きとなり、リサイクルされないことでエコシステムにダメージを与えることになります。ところがジェロウェア社の海藻抽出エキス製のコップなどは従来の使い捨てコップに代わって使うには最適です。使い終わった後は庭に捨てれば土の養分として分解され植物の成長を助けることも出来るのです。

代替テイクアウト容器

一般家庭は最低3-4個はエコシステムに悪いプラスチック容器を持っているものです。特に何千個と出回っているポリスチレン製テイクアウト容器は代わりになるものを見つけ出す必要があります。それにはサトウキビやコーンを使って作られた生物分解可能な容器がふさわしいといえます。

ガーデニングポット

エコシステムを守るために趣味のガーデニングをやめる必要はありません。その代わりに、プラスチックのガーデンポットを使わずに生物分解可能のポットを使えば良いのです。これは食物を育てる上で清潔であるだけでなく、見た目も悪くはありません。これで、ガーデニング好きのあなたもプラスチックポットで環境を破壊せずに堂々とガーデニングを楽しむことが出来るようになります。

ペットの汚物処理バッグ

このバッグはペットの犬を飼っている人なら誰でも使うものです。そう考えると世界中でどれほど使用されているか想像に難くないと思います。ペットを飼う人は世界中で増えてきて、プラスチック製のバッグに代わって生物分解可能のバッグの必要が高まっています。エコシステムの保護の観点からは散歩に持参するこの汚物処理バッグは生物分解可能であるに越したことは無いといえます。

このように、生物分解可能の容器を使うことで私たちにも少しながら環境に与えるダメージの軽減に貢献することが出来るのです。そこで生物分解可能の容器ができるだけ速やかに従来の容器に取って代わることが求められています。

Today's Top Articles:

Scroll to Top