Home 環境に優しい製品 時代遅れの旅行カバンは不用品ではなく室内の装飾品

時代遅れの旅行カバンは不用品ではなく室内の装飾品

by admin

選択するということは、その有効性の影になっているロジックを理解しているとは限らない、様々な主観性によるものです。例えばヴィンテージの旅行カバンを見てみましょう。もちろん人にとって有害ではありませんが、1つの疑問が出てきます。どうして時代遅れが現代において便利なの?ヴィンテージ物が好きな人は、その上品さと魅力が分かるでしょう。ELパリでEmmanuelle Legavre氏がヴィンテージの旅行カバンの最新のコレクションをヴィンテージ・ファンのために展示しました。

Vintage Luggage Furniture

このファーニチャー コレクションは「Les Valises」と呼ばれ、ヴィンテージをテーマとしています。形状、陰、構成などすべての高級なヴィンテージには似た部分があります。おばあちゃんが思い出として初めての旅行をしまい込んだ古い貴重な旅行カバンというだけでなく、貴重なアンティークとして大切にしまっておいたのでしょう。子供たちはみな、それらがどこに仕舞い込まれているのかを見つけ出したいと思っていました。しかし、今、実際に自分のために購入することができます。

エマニエル氏によると、この旅行カバンは昔の魅力を微細に複製したもので、本来の目的の旅行カバンとしてではなく家の装飾として人気が出てきました。購入するかしないかは別として、このスーツケースを家のどこに置こうか想像しませんか?ある人は壁にカバンを積み重ねて、その上に花鉢を置くことでしょう。またある人は壁に固定して、その上に装飾品を飾るかもしれません。これらのヴィンテージの最大の特徴は、大切なものを仕舞う、というのは疑いもない事実です。

Via: Trendir

Today's Top Articles:

You may also like