Home Transportation @ja @ja @ja ボーイング787ドリームライナーがバイオ燃料で初飛行

ボーイング787ドリームライナーがバイオ燃料で初飛行

by admin

科学者とエンジニアは、エネルギー源としてバイオ燃料に目を向けています。排気がきれいであることに加えて燃料効率を高めて、炭素の排出を削減します。バイオ燃料が民間航空機のエンジンに動力源として使用された場合、カンタス航空のイニシアチブに従って、ボーイング787 ドリームライナーは、部分的にその飛行動力として持続可能な燃料源を使用するという歴史を作りました。このイニシアチブはボーイングと全日本空によってとられました。環境上進歩的な定期旅客機は、ボーイングの配送センターがあるワシントンから東京羽田空港へバイオ燃料を使用して大西洋の横断飛行をしました。

Boeing, ANA Celebrate First 787 Biofuel Flight

航空産業は、2020年までにカーボン・ニュートラルになることを望んでいます。達成までにはそれほど遠くないように思えますが、カンタスとボーイングがとったイニシアチブは、民間航空機が将来的にバイオ燃料を使用する日も遠くはないことを示しています。

これは、さらに従来の高価なジェット燃料による高価な航空運賃を削減することもできるでしょう。米国では、原油は少し前まで1バレル65ドルだったものが大幅に跳ね上がり、現在1バレル当たり125ドルで販売されています。燃料埋蔵量が枯渇してきているので、この先原油価格はさらに高くなっていくでしょう。そのため、バイオ燃料を使用することは航空会社の利益になるばかりでなく、自然の燃料源を保存し、大衆がより安く旅行ができることを可能にします。

787ドリームライナーが、食用油を部分的にエンジンの燃料として使用した歴史的な飛行をしました。さらに、従来の同サイズの飛行機よりも約30パーセントのCO2の放出を削減することができました。CO2放出の30パーセントの減少を受けて、787が証明した技術的な進歩が残りの20パーセントに貢献するために、10パーセントのバイオ燃料が使用されると推測されます。

Via: Boeing

Today's Top Articles:

You may also like