Home 車、乗り物@日本語 @ja BMW、ついに2012年のロンドン・オリンピックのフリート計画を発表

BMW、ついに2012年のロンドン・オリンピックのフリート計画を発表

by admin

壮大で環境にやさしい計画を実現化しようとしたBMWによって、今年で最も大きな出来事は、「エコ」に決まろうとしています。高揚したドイツのこの自動車メーカーは、既に2012年のロンドン・オリンピック用の3000台を超える低公害車のラインアップを発表しました。これを400台の自転車のようなゼロエミッションにする工夫をしています。

BMW puts Olympics green fleet into motion

BMWによれば、自動車の約半分は効率的なBMW 320dセダンを含め、1 kmあたり109gのCO2を排出します。さらに700台のBMW 520dはそれぞれ1km あたり119gのCO2を排出します。

これはガソリン車だけの側面で、電気自動車となると、BMWは排気ゼロ160BMW 1シリーズActiveE電気自動車(EV)や40 MINI EVなどがあります。200台のミニ・カントリーマン・クーパーDsや20台のBMW 5シリーズ・アクティブ・ハイブリッド、27台のSUVや25台のモーターバイクが排気条件を満たすでしょう。これらの自動車は、昼夜勤務している保安要員をサポートすると共に、スポーツ選手やキャスターの移動手段として使用されます。

しかし、私たちが興味を持っているのはエコに関することで、幸運にも、それらは明るい兆しがあるように思えます。例えば、自動車の平均CO2排気量は約116g/kmです。これは、オリンピック当局が設定した120g/km未満です。しかし、もっと重要なことには、環境へのやさしさの展望から、イギリスの路上において次世代のEuro6の適応車両を披露する初めての機会となることです。

Via: BusinessGreen

Today's Top Articles:

You may also like