Home [email protected] 環境にやさしいオフィスのための5つのグリーン製品

環境にやさしいオフィスのための5つのグリーン製品

by admin

PP office waste paper processor

緑のオフィスは、環境にやさしく、効率的かつ生産性にも優れ、職場を健康的な場所にもします。エコ空気洗浄器や移動可能なエアコンなど、色々な環境にやさしいオフィスのための方法があります。幾つかの緑の製品をご紹介しましょう。

1iGo

iGO

iGoは、お手頃価格の環境にやさしい消費電力管理製品を提供するリーディングカンパニーです。ノートパソコンの充電器、電力スマートタワーや電力スマートウォールなどパワーマネジメント製品を提供しています。これらの製品は、通常のものに比べ85%も少ない待機電力を消費します。待機電力は、電化製品が使用されていない状態でもコンセントに接続している間に、電化製品が連続的に消費する電力のことです。iGo製品は、待機電力をシャットダウンし、必要に応じて自動的に電力を供給します。

ノートパソコン充電器は、この一台で数百のデバイスを充電できるように、交換可能な接続チップがあり、$99.99で販売しています。電力スマートタワーは、二つのUSBポートに携帯電話の充電、また即座の起動ボタンなどを備えています。この製品の価格は、$79.99です。最後の電力スマートウォールは、連続的に電力を必要とするデバイスの為に、二つの差込口があり$29.99です。

2PPオフィス古紙プロセッサー(PP Office Waste Paper Processor)

PP office waste paper processor

オフィスから出る多くの廃棄物は、使用済みの紙類です。PPオフィス古紙プロセッサーは、古紙を鉛筆の軸に再生する環境にやさしい製品で、Yuanyuan Liu、 Chengzhu Ruan、 Chao Chen、Xinwei Yuanによって製作されました。このデバイスにより再生された鉛筆の軸に、芯を滑り込ませることによって、木々の伐採の低減につながります。

3.緑の空気清浄機

green air purifier

空気洗浄器は、会社で働く人々を汚染物質から防ぐために、そして、緑のオフィスのためにもとても重要な製品です。アレン社(Alen)のエアーMD(AirMD)は、鉛やオゾン汚染物質を除去し、また、環境にもやさしい製品です。アメリカ合衆国環境保護庁(Environmental Protection Agency、略称EPA)や アメリカ合衆国エネルギー省(United States Department of Energy、略称DOE)によって、エネルギースター(Energy Star)に認定されています。エアーMDは、4速のスピード設定によって、HEPAろ過システムの性能を最大限に生かします。しかも、イオナイザーに加え、軽く触れるだけで起動するタッチアクティベーションコントロール製品です。UVランプも設置され、24時間プログラム可能なタイマー付きのこの空気清浄機は、オフィスの空気を快適に浄化することでしょう。

4.モバイルエアコン

Mobile air conditioner

エアコンは、人間に様々な健康関連の問題を引き起こしている空気中の汚染物質や、近年の上昇し続ける気温により、生活の必需品となっています。モバイルエアコンは、電力消費を最小限に抑えながら、効率的な冷却を提供します。この次世代エアコンは、環境にやさしく、移動可能で、ベランダや地面、窓枠の端の上や外側の壁にも取り付けることができます。このエアコンは、他のエアコンと同じように効率的な緑の製品です。それは、地球温暖化や、環境問題の低減につながります。

5.レクソン(LEXON)環境にやさしいオフィスギアー

Bamboo Calculator

レクソンの新ラインは、創造的で実用的、しかもスタイリッシュな手のひらサイズの製品を提供し、とても人気があります。レクソンのグリーン製品は、クランク起動のAM/FMラジオ、MP3プレーヤー、収納式ペン、ソーラーパワーLCD時計と計算機で、これらは、再生可能エネルギーを利用し、竹材を使用しています。キーまでもが竹から作られていて、オフィスのエコ化の初歩としても最適かもしれません。セーフコレクション(Safe Collection)と呼ばれるこのシリーズは、計算機、懐中電灯のLED、目覚まし時計に太陽エネルギーを利用します。電気の代わりに、クランク式のラジオも含まれます。このセーフコレクションは、レクソンのエリウムスタジオ(Elium Studio)によって設計され、竹材から作られた滑らかなラインを持つ洗練された製品となっています。

Today's Top Articles:

You may also like