Home [email protected] 地上車両を食用油で動かすアムステルダム空港

地上車両を食用油で動かすアムステルダム空港

by admin

Amsterdam Airport

EU諸国から運行している航空会社は二酸化炭素の3%削減達成に向けて動いており、2012年を最終期限としています。それは航空と地上輸送において、更に持続可能な活動を実施するためです。野心的なグリーンスカイターゲットの達成を目指すKLMオランダ航空は、今年の7月から飛行機の機体に代替燃料を使うこと開始します。今や、アムステルダム空港シポールはそれと同様な努力をしています。どちらも地上での車両エネルギーはバイオケロシンとよばれるリサイクルオイルで動かしています。アムステルダムのシポール空港は空港内で電気駆動の車両を使っていますが、100%CO2排出がないわけではありません。今や、シポール空港は完全にリサイクルされたかなりクリーンな燃料であるバイオディーゼルを約40の地面輸送車両に採用しています。EU排出権取引が来年始まる予定ですので、それは重要なステップです。

実際に、持続可能な機動性はそのような環境保全の冒険的事業にとって一日のムードを決定付けることになります。化石燃料は生活に欠かせなかったようです。しかし、いま転向する時です。空の旅は温室効果ガス排出量の3%について責任があります。最近、航空旅行のシェアが急上昇しているようです。今年のはじめ、EUは全ての航空会社に飛行機における化石燃料の使用を削減するよう指示しました。新しい汚染限度が全ての航空会社に設定されました。本格的に取り組みながら、KLMはバイオケロシンを飛行機に採用しました。バイオケロシンは、ホテル、レストラン、工場から排出された使用済みフライ油の派生物で、アメリカで精製されたものです。この燃料は従来のケロシンの技術使用に合っています。そして、やはり従来のケロシンより安全です。現在、この非化石燃料はアムステルダムのシポール空港によって4ヶ月間試験的に採用されてきました。この燃料で動く地上車両は、鳥規制トラックからバンの移動まで使われています。シポールグループのCOO兼副社長のアド・ラタンはもしこの試験が成功したら、空港は最終的に完全に全ての地上オペレーション用にこの代替え燃料に転換すると告知しました。彼は持続可能な起業の発展においても、強力な機動力となることを確証できるでしょう。

しかし、完全に持続可能なエネルギーへの道は、もしKLMの経験に従うのであれば難題のように見えます。持続可能な燃料への継続的なアクセスをえることは、おそらくもっと脅威的なことでしょう。実験的に過去にエコな燃料で試してきた航空会社の中には、この長引く難題に直面しています。バージン、ニュージーランド航空、エアー・ジャパン、コンチネンタル航空もそれらの規定フライトを実行するための規則的で十分なエコ燃料の供給不足を報告しています。

Via: GCT

Today's Top Articles:

You may also like