Home Uncategorized 完璧な未来へ、バイオ燃料生産を促進するために細菌を利用する

完璧な未来へ、バイオ燃料生産を促進するために細菌を利用する

by admin

biofuel production from bacteria

今何が起こっているのか?

化石燃料資源が急速に減少している事実に疑いを持っている人は誰もいません。 ある予測によると、石炭や天然ガスは其々148年と61年しか持たないと言います。 従来の他のエネルギー資源全てが数年で枯渇してしまいます。 科学者達が代替エネルギー資源を生産する、安定した手段を見つけるべき時がやって来ています。 バイオ燃料の様な、研究者や専門家達にとって魅力的なオプションがあります。

バイオ燃料の可能性を探るために、研究者達を導く多くの人々が長年に渡って改良を続けてきました。 実際に近い将来研究者達から、有望な結果を聞く事ができるでしょう。 これまでの所、様々なバイオ燃料生産の手段を開発について、共有できる楽観的な情報があります。 様々な資源からバイオ燃料を生産する、バクテリアを用いる高度な手段があります。 この分野での開発について、この記事で詳しく見て行きましょう。

傾向

1.OPXバイオテクノロジーが、大腸菌の菌株から再生可能燃料を生産する

bacteria based process

コロラドに本社多く新興会社、OPXバイオテクノロジーが大腸菌の菌株を使って、砂糖をアクリル酸に変換する生態を開発しました。 この手段の最大の利点は、このプロセスで二酸化炭素を排出しにくい事です。 OPXは、200リットルの発酵ボイラーを持つパイロットプラントで、その核心的なテクノロジーを航海しました。 OPXの研究者によると、この環境保護技術は年間5千900万リットル以上ガソリン消費を削減する助けとなります。

2.生体工学は、バイオエタノールを生産するバクテリアの可能性を高める

Ethanol Biofuel Production from bacteria

これは、細菌蕪からエタノールバイオ燃料を生産する、バイオ燃料の研究者達の先駆的な手段です。 米国人研究者チームは、エタノールを生成する可能性を高める、細菌株を修正する技術を開発しました。 研究者達は、バイオエタノールを生成する能力で知られている細菌、ザイモモナス・モビリスを使用して、多くのバイオ燃料を生成する細菌株を増加させます。 世界の代替燃料オプションへの取り組みを、大きく助ける事から、この技術は広く受け入れられています。

3.バクテリアが砂糖を食べ、バイオ燃料を生成する

biofuel production from bacteria

バイオ燃料を生産する従来の方法を受け入れると、環境への危険をこれ以上、排除できない場合があります。 米国生物学者チームが遺伝子組み換え大腸菌に、木材チップやバイオマス廃棄物の糖分を与え、それを利用するプロセスを開発しました。 この方法でバイオ燃料を生産すると、自然への驚異は全くありません。 研究者達によると、このプロセスにおける生産コストは非常に低価格です。

コンセプト

バイオ燃料生産を促進する為に、細菌を用いる背後にある魅力的な要素は、温室効果ガスを排出しない事です。 もし従来の方法でバイオ燃料を生産すると、自然へ悪影響を与え、地球温暖化の脅威を増す事になります。 さらに、サトウキビやコーンからバイオ燃料を生産すると、食品の上昇に繋がるかもしれません。 新しいテクノロジーは、食品廃棄物や残り物から、バイオ燃料を生産する細菌を展開する手段を提案しています。

利点

上に述べたように、この新しいテクノロジーの最大の利点は、自然への脅威が全くない事です。 言い換えれば、このプロセスで排出される二酸化炭素の量が、従来の方法より75%も少なくなります。 そして、この手法が一般化されるとバイオ燃料の生産を高めます。 結果として、近年枯渇が早まっている、化石燃料の消費が低減されることになります。、

影響

代替資源からバイオ燃料を生産するような革新的技術が、人類全体の大きな助けとなる事は、言うまでもありません。 従来の燃料資源の消耗は、人類に迫りくる驚異で、人類の生活は燃料に大きく依存しています。 新しいテクノロジーはより多くのバイオ燃料の生産を認識し、地球温暖化効果や他の環境破壊を低減する助けとなります。

 

Today's Top Articles:

You may also like